日本政府、「もしトラ」対応に本腰! 安保と貿易の懸念、両睨みで備え

なんでや

台湾有事の際は、中国軍が日本周辺海域で軍事演習を行う可能性が高い。これにより、自衛隊が警戒・監視活動を強化する必要が生じる。また、中国軍が尖閣諸島や沖縄県を攻撃する可能性も排除できない。

台湾有事の際は、台湾海峡や南シナ海で海上封鎖が行われる可能性が高い。これにより、日本企業の貿易活動に大きな影響が出る。

日本政府は、これらの懸念に対応するため、以下の対策を講じる。

読者は、関連情報を読んで、自分自身の意見を形成することをお勧めします。





https://news.livedoor.com/article/detail/26007068/

ほな、日本政府がトランプ前大統領の再選、通称「もしトラ」に本腰入れ始めたって言うてんけど、ほんまかいな? 安保と貿易、どっちも心配やねんけど、一体どない対策すんねんて、突っ込みどころ満載やわ。

トランプ氏は中国への対立姿勢を強めてたけど、再選されたら、さらに強硬になる可能性が高いで。そうなったら、東アジアの緊張が高まって、日本も巻き込まれる可能性あるねん。ほんまに大丈夫なん?

トランプ氏は、日本車への関税引き上げをほのめかしてるし、農産物市場の開放も要求してくるやろ。日本経済にとって、大打撃やわ。政府は、どない対応するつもりなん?

トランプ氏はTPPから離脱したけど、再選されたら、TPP12に再加盟する可能性はあるんかな? ほんまにどうなるか、見当もつかんわ。

政府は、「もしトラ」に対応するために、関係省庁で協議する場を設けた言うてるけど、ほんまに効果あるんかな? 具体策も何も示されてへんし、不安しか残らんわ。

そもそも、「もしトラ」の確率はどれくらいなん? 専門家の間でも意見が分かれてるし、確実なことは何も言えんわ。政府は、もっと慎重に状況を見極めるべきや。

政府は、「もしトラ」への対応について、国民に十分な説明をしてないと思うわ。もっと情報公開して、国民の声を聞くべきや。

日本政府の「もしトラ」対応は、まだまだ不十分やわ。もっと具体的な対策を早よ示さんと、国民は不安でたまらんわ。政府は、もっと真剣に、そして国民目線で対応すべきや。

トランプ氏再選の可能性は、ほんまに怖いけど、日本政府ももっとしっかりせなあかんわ。国民の不安を解消できるような、具体的な対策を早よ示さんかい!





スポンサーサイト