離婚後も父母が共に親権を持つ「共同親権」、ついに導入へ! 民法改正案が閣議決定

バーカ、バーカ

離婚後の「共同親権」導入は、子どもにとって大きなメリットをもたらす可能性を秘めている。しかし、同時に解決すべき課題も存在する。今後、関係者による議論や準備が進む中で、これらの課題にどのように対処していくかが重要となる。



長年議論されてきた離婚後の「共同親権」導入が、ついに現実のものとなる。政府は2024年3月8日、民法などの改正案を閣議決定した。

政府は8日の閣議で、離婚後も父母双方に子の親権を認める「共同親権」を可能にする民法などの改正案を決定した。



離婚後の「共同親権」可能に=民法改正案を閣議決定


離婚後も父母が共に親権を持つ「共同親権」、ついに導入へ! 民法改正案が閣議決定

ほな、共同親権導入について、わての思うとこ、ズバズバ言うわ。

まず、ようやくか、って思うわ。今どき、離婚したら片方の親しか親権持てへんって、おかしいやろ。子供にとっては、お父さんもお母さんも大切な親なんやから、どっちも平等に親権を持つべきや。

特に、最近はDVとかで、片方の親が子供に会わせてもらえへんケースも多い。共同親権が導入されれば、こういう問題も減るかもしれへん。

もちろん、共同親権にもデメリットはありそうや。例えば、お父さんとお母さんが揉めて、子供の養育方針で意見が対立したら、子供にとってはどっちも辛い状況になるわ。

あと、DVとか虐待があった場合は、共同親権は難しいと思うわ。子供にとって安全な環境が一番大事やから、そこは慎重に判断せなあかん。

でも、メリットの方が大きいと思うわ。子供にとって、お父さんとお母さん両方の愛情を受けられるって、すごく大事なことや。

ただ、導入したらそれで終わりってわけちゃうわ。共同親権がうまく機能するように、いろんな制度やサポートも充実させなあかん。

例えば、お父さんとお母さんが話し合いの場を持てるように、行政がサポートしたり、DVとか虐待があった場合の対応を明確にしたり。

まだまだ課題は山積みやけど、一歩ずつ前に進んでいくことは大事やと思うわ。

せやけど、この民法改正案、ほんまに実現するんか?自民党内で反対意見も多いみたいやから、どうなることやら。

まあ、とにかく、子供にとって一番ええ環境を作るために、議論を深めていってほしいわ。

以下は、具体的な問題点や課題について、もう少し詳しく述べたもの。

親同士の合意形成: 共同親権は、父母が協力して子供を育てていく必要がある。そのため、父母間のコミュニケーションが円滑に行われることが重要。しかし、離婚後、父母間の関係が悪化している場合、合意形成が難しいケースも考えられる。

子供の意思: 共同親権では、子供は父母両方の意見を尊重しなければならない。しかし、子供がまだ幼い場合、自分の意思を明確に伝えることが難しい。子供の意思を尊重するための仕組みが必要となる。

DVや虐待: DVや虐待があった場合、共同親権は子供の安全を脅かす可能性がある。DVや虐待の被害を受けた親が、子供と安全に暮らせるための支援が必要となる。

養育費: 共同親権では、父母が協力して子供の養育費を負担する必要がある。しかし、父母の経済状況が異なる場合、養育費の負担をめぐってトラブルになる可能性がある。

これらの問題点を解決するために、以下のような対策が必要と考えられる。

父母間のコミュニケーションを円滑にするための支援: 離婚後の父母間のコミュニケーションを円滑にするためのカウンセリングや調停などの支援を提供する。

子供の意思を尊重するための仕組み: 子供が自分の意思を自由に表できる場を設ける。子供の意見を聴取するための専門家によるサポート体制を整備する。

DVや虐待被害者への支援: DVや虐待被害を受けた親が、子供と安全に暮らせるためのシェルターや経済的な支援を提供する。

養育費の支払いに関するルール: 養育費の支払いに関する明確なルールを定め、トラブルを防止する。

共同親権は、子供の最善の利益のために導入されるべき制度である。しかし、上記のような問題点を解決するための対策を講じなければ、子供にとって逆効果になる可能性もある。政府は、これらの問題点を十分に検討し、適切な対策を講じた上で、共同親権を導入すべきである。





スポンサーサイト