復興長期化で心のケアが不可欠

炎上2

村井嘉浩・宮城県知事は、今回のインタビューで、復興長期化による心のケアの重要性を強調しました。



東日本大震災から13年が経った今、被災地の復興は依然として道のり半ばです。特に、長期化する復興の影響は人々の心に大きな負担を課しており、心のケアが喫緊の課題となっています。



https://news.livedoor.com/article/detail/26007104/


復興長期化で心のケアが不可欠

東日本大震災から10年が経った今でも、多くの人が仮設住宅で暮らしてるんや。ほんま、気の毒でしゃーないわ。

行政の対応も、批判せなあかんわ。

復興計画は二転三転してるし、住民の声は反映されてない。金はかかってるのに、何も進んでないってどういうことやねん?

一番の問題は、心のケアが追いついてないことやと思うねん。

被災者は、家族や家を失って、不安や恐怖を抱えてる。それでも、前向きに生きようとしてるんや。

そんな人たちに、行政はもっと寄り添って、心のケアをしてあげなあかん。

カウンセリングやサポートグループを増やしたり、被災者が交流できる場を提供したり、もっとできることはあるはずや。

ボランティアの人たちの活動も、ほんまありがたいわ。

行政が行き届かないところまで、ボランティアの人たちが支えてくれてる。ほんま、頭が下がるわ。

でも、ボランティアだけに頼ってたら、あかんねん。

行政がもっと責任を持って、心のケアに取り組んでなあかん。

10年経っても、まだ復興は終わってない。

これからも、被災者への支援を続けていかなあかん。

そして、忘れてはならないのは、教訓を活かすことや。

今回の震災で、私たちは多くの教訓を得た。

それを活かして、同じ悲劇を二度と起こさないようにせなあかん。

そのためには、防災対策を強化する必要がある。

そして、一人ひとりが、災害に備えておくことも大切や。

最後に、被災者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。

一日も早く、復興が進むことを願っています。





スポンサーサイト