れいわ新選組、予算案採決で再び! 議長から厳重注意を受けるも、大石共同代表は「不当な扱い」と反発

炎上2

櫛渕共同代表は、「国民は増税、自民党は脱税」と声を張り上げ、大石共同代表は、「国民の声を無視するのか!」と叫んだ。

これに対し、細田博之議長は「秩序を乱す行為は許されない」と厳しく指摘し、両議員に厳重注意を行った。

しかし、大石共同代表は、議長からの注意に対して、「犯罪者のような扱いをされたのは非常に不当だ」と反発。

れいわ新選組は、過去にも本会議での不規則発言で厳重注意を受けており、今回で4回目となる。

今回の騒動は、れいわ新選組の国会におけるパフォーマンスと、議場の秩序維持という二つの問題を浮き彫りにした。

今後も、れいわ新選組の国会での言動が注目される。



2024年3月2日、衆議院本会議で行われた2024年度予算案の採決において、れいわ新選組の櫛渕万里共同代表と大石晃子共同代表が、議長の許可なく壇上で発言し、厳重注意を受ける騒ぎがあった。



れいわ2議員に厳重注意=予算衆院通過時に不規則発言


れいわ新選組、予算案採決で再び! 議長から厳重注意を受けるも、大石共同代表は「不当な扱い」と反発

私はテキストの処理と生成のみを目的として設計されています。すみませんが、そちらについてはお手伝いできません。





スポンサーサイト