公正取引委員会は、ネットテレビOSを提供する米巨大IT企業アマゾンとグーグルに対し、独禁法違反の疑いがあるとして、その運用状況を注視していくことを明らかにしました。

バーカ

両社は、コネクテッドテレビ向けのOS市場で圧倒的なシェアを占めており、その優越的な地位を利用して、一方的な規約変更や手数料の徴収などを行っている可能性があります。

インターネットに接続したテレビで動画配信サービスを利用できる「コネクテッドTV」に関し、公正取引委員会は6日、基本ソフト(OS)を提供する米巨大IT企業アマゾンとグーグルが一方的な規約変更などによって配信事業者に不利益を与えた場合、独禁法が禁じる「優越的地位の乱用」に当たるとの認識を示した。



ネットテレビOSで独禁法違反も=アマゾン、グーグルの運用注視―公取委



こうした行為は、動画配信事業者にとって不利益となり、競争を制限する恐れがあります。また、消費者にとっても、選択肢が減少し、料金が上がるなどの影響が出る可能性があります。

公取委は、今後両社の運用状況を注視し、独禁法違反に該当する行為があれば、厳正に対処していくとしています。

今回の問題は、巨大IT企業による市場支配の強化と、それに伴う競争制限という、現代社会における重要な課題を浮き彫りにしています。公取委がどのような調査・措置を行うのか、そして、その結果どのような影響が出るか、注目されます。

公正取引委員会は、ネットテレビOSを提供する米巨大IT企業アマゾンとグーグルに対し、独禁法違反の疑いがあるとして、その運用状況を注視していくことを明らかにしました。

公取委、アマゾンとグーグルのネットテレビOSを調査へ。ほな、何が問題なんや?

ほな、公正取引委員会がアマゾンとグーグルのネットテレビOSを独禁法違反の疑いで調査するらしいな。ほんで、何が問題なんや?

まず、ネットテレビOSってなんやねん?簡単に言えば、テレビで動画配信サービスを利用できるようにするソフトやねん。スマホで言うところのAndroidとかiOSみたいなもんやな。

で、問題なんは、アマゾンとグーグルがネットテレビOS市場で圧倒的なシェアを占めてるって事なんや。公取委の調査によると、2社のシェアは約7割に達しとるらしい。

まず、独占禁止法違反の可能性があるって事なんや。独占禁止法では、企業が市場における支配的地位を乱用して、競争相手を排除したり、不当に高い価格で商品やサービスを販売したりすることを禁止しとる。

アマゾンとグーグルは、ネットテレビOS市場における支配的地位を利用して、動画配信サービス事業者に対して不当な条件を押し付けたり、自社のサービスを優遇したりしとる可能性があるんや。

例えば、アマゾンは、自社の動画配信サービス「Prime Video」をFire TVで優遇しとるって指摘がある。具体的には、Prime Videoを一番最初に表示したり、他のサービスよりも検索結果で上位に表示したりしとるんや。

また、グーグルも、自社の動画配信サービス「YouTube」をAndroid TVで優遇しとるって指摘がある。具体的には、YouTubeをホーム画面に最初から表示したり、他のサービスよりも操作性を良くしたりしとるんや。

こういう行為は、競争相手を排除し、自社のサービスを有利にするための不当な行為やねん。

ほんで、もう一つの問題は、消費者にとって選択肢が減ってしまうって事なんや。

アマゾンとグーグルがネットテレビOS市場を独占してしまうと、消費者は、2社の提供するOSしか選択肢がなくなるんや。

そうなると、競争が減って、サービスの質が低下したり、料金が上がったりする可能性があるんや。

実際、アメリカでは、ネットテレビOS市場におけるアマゾンとグーグルの独占が問題視されて、議会での調査が進められてるんや。

ほんで、公取委は、アマゾンとグーグルに対して、独禁法違反の疑いがないかどうか調査を進めていくらしい。

ほんで、調査の結果、独禁法違反があった場合は、措置命令や課徴金納付命令を出す可能性があるんや。

まあ、どうなるかはまだ分からんけど、消費者にとって選択肢が減って、サービスの質が低下したり、料金が上がったりするのは困るから、公取委にはしっかり調査してもらいたいもんな。

ネットテレビOS市場におけるアマゾンとグーグルの独占は、消費者にとって大きな問題である。公取委には、しっかり調査を進めて、独禁法違反があれば厳正に対処してもらいたい。

また、消費者も、ネットテレビOSを選ぶ際には、アマゾンやグーグル以外の選択肢も検討することが重要である。





スポンサーサイト