経済産業省が6日発表したデータによると、4日時点のレギュラーガソリン全国平均小売価格は、前週比20銭安い1リットルあたり174円50銭となりました。2週間ぶりの値下がりです。

どこまで腐ってんだてめぇらは

主な要因は、国際的な原油価格の下落です。欧米諸国の景気減速懸念や中国での景気回復の遅れなどが影響していると見られます。

経済産業省が6日発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(4日時点)は、全国平均で前週比20銭安い174円50銭だった。



ガソリン、2週ぶり値下がり=経産省



さらに、政府が石油元売り会社に支給している補助金も、21円90銭の価格抑制効果をもたらしました。

地域別では、27都府県で価格が下落しました。和歌山県(1.6円)や岡山県(1.3円)など、西日本の地域で値下がりが目立ちました。一方、13道県では値上がり、7県では横ばいとなっています。

今後の見通しとしては、日本エネルギー経済研究所石油情報センターは、来週も小幅な値下がりを予想しています。

これらの点を踏まえると、今後どのようにガソリン価格が推移していくのか、注目されます。

経済産業省が6日発表したデータによると、4日時点のレギュラーガソリン全国平均小売価格は、前週比20銭安い1リットルあたり174円50銭となりました。2週間ぶりの値下がりです。

経済産業省が発表した4日時点のガソリン価格、前週比20銭安くなって1リットルあたり174円50銭やて。2週間ぶりの値下がり言うても、まだ去年より20円以上も高いねんぞ!

ほんま、ええかげんにしてほしいわ、もう。原油価格が下がってる言うても、全然恩恵感じられへん。

それに、この値下がり、ほんの一時的なものかもしれへんし。来週にはまた値上がりするんちゃうか、って不安でいっぱいになるわ。

例えば、ガソリン税を減らすとか、補助金を出すとか。もっともっと、国民の生活のことを考えた政策をしてほしいわ。

それに、電気自動車とかハイブリッド車とか、もっとエコな車への補助金も増やしてほしいわ。

ガソリン車ばっかり減らそうって言うても、すぐには無理やねん。せやから、今はエコな車への乗り換えを促進する政策が必要やと思うわ。

それに、もっともっと公共交通機関を充実させてほしいわ。バスや電車がもっと便利になれば、車に乗る人も減ると思うねん。

ほんま、ガソリン価格の高騰は、家計にも環境にも大打撃やねん。政府はもっともっと真剣に考えて、対策をせんかい!

せやから、政府には以下のことを提案するわ。

これだけのことをすれば、ガソリン価格の高騰を抑制し、環境にも貢献できると思うねん。

ほんま、ええかげんにしてほしいわ、もう。政府は国民の声をもっともっと真剣に聞いて、行動を起こしてほしいわ!





スポンサーサイト