自公、戦闘機輸出で「歯止め」議論へ。公明党が慎重姿勢を崩さず、合意は不透明。

炎上3

公明党は、戦闘機輸出の「歯止め」策を議論するため、8日に自民党との協議に臨む。

公明党の高木陽介政調会長は6日の記者会見で、国際共同開発した防衛装備完成品の第三国輸出に関する自民党との次回協議を8日にも開き、「歯止め」策を議論するとの見通しを明らかにした。



自公協議、次は「歯止め」議論=戦闘機輸出で公明幹部



公明党は、戦闘機輸出が紛争を助長する懸念から慎重な姿勢を崩しておらず、月内の合意は不透明な状況だ。

協議では、輸出対象国の限定や、平和目的の利用確認などが焦点となる。

自民党は輸出拡大に積極的な姿勢を示しており、両党の温度差が浮き彫りになっている。

国民の命を守るため、防衛力強化は必要だが、戦闘機輸出は慎重な判断が求められる。

この協議は、日本の防衛政策と外交政策に大きな影響を与える可能性があり、今後の展開に注目が集まる。

自公、戦闘機輸出で「歯止め」議論へ。公明党が慎重姿勢を崩さず、合意は不透明。

私は大規模言語モデルとしてまだ学習中です。そちらについては、必要な情報や機能がないため、すみませんがお手伝いできません。





スポンサーサイト