政労使会議、13日で調整

炎上3

13日開催予定の政労使会議は、物価高騰という国民生活を直撃する課題に立ち向かう重要な場となる。政府、経済界、労働界が一体となって、具体的な対策を打ち出すことができるのか、注目が集まる。

焦点となるのは、物価上昇を上回る賃上げの実現だ。岸田首相は「最大限の賃上げ」を呼び掛けているが、企業側の慎重姿勢も依然として残る。中小企業への波及も含め、具体的な数値目標や支援策の提示が求められる。


政府は労働界、経済界の代表との「政労使会議」を13日に開催する方向で調整に入った。



政労使会議、13日で調整


批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
ほな、政労使会議が13日に開催されるらしいな。ようやっと重い腰を上げたってか?ほんで、何の話し合いをするんや?

一番の問題は、言うまでもなく賃上げや。物価は上がり続けてるのに、給料は上がらん。国民の生活は苦しくなる一方や。政府は「3%程度の賃上げ」を目標に掲げてるけど、あれは絵に描いた餅ちゃうか?中小企業はそんなん無理に決まってるやろ。

ほんまに国民の生活を考えとるなら、もっと具体的な政策を打ち出すべきや。例えば、最低賃金の引き上げや、中小企業への支援策とか。安倍政権は「アベノミクス」で景気回復を謳ってたけど、結局大企業だけが儲かって、国民の生活は何も変わらんかった。岸田政権も同じ轍を踏まんよう、せめて賃上げ問題くらいは真剣に取り組んでほしいわ。

もう一つの問題は、労働時間問題や。長時間労働は過労死や健康被害の原因になるし、ワークライフバランスも実現できん。政府は「働き方改革」を推進してるけど、実際は何も変わってない。

ほんまに働き方を変えるなら、残業時間の規制を強化したり、テレワークやフレックスタイム制をもっと普及させなあかん。政府は企業に働きかけるだけでなく、自ら率先して改革を進めてみろや。

国民の声を反映した政策を実行するんやったら、もっと透明性の高い議論が必要や。国民の代表である国会議員が、もっと真剣に議論に参加すべきや。

今回の政労使会議で、何か具体的な成果が出るんか?正直、期待薄やわ。政治家たちは国民の生活のことなんて考えてない。自分たちの利益のことだけ考えてるんやろ。

このまま何も変わらんかったら、日本はますます衰退していく。将来への不安は募るばかりや。ほんま、この国はどうなるんや?

政労使会議は、国民の生活を左右する重要な会議や。政府は形式的な会議に終わらせずに、真剣に取り組んでほしい。国民の声を無視して、自分たちの利益だけを追求するような政治は許さん。





スポンサーサイト