三重県、差別解消条例を初適用 公立学校教員に「説示」

意味わかんねーよ

三重県は、公立学校の教員が購入した土地が被差別部落だったとして契約解除を求めた問題で、県差別解消条例に基づき、教員に差別をやめるよう促す「説示」を行いました。これは、同条例が施行されて以来初の適用となります。

教員は昨年7月、土地が被差別部落だったことを理由に契約解除を要求。


三重県の公立学校教員が、購入した土地が被差別部落だったとして、取引業者へ契約解除を求めたことを巡り、県が差別をやめるよう促す「説示」を出したことが4日、県への取材で分かった。県の差別解消条例に基づく対応で、初めての適用だという。







https://news.livedoor.com/article/detail/25986327/


批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
三重県が差別解消条例を初めて適用し、公立学校の教員に「説示」を行ったというニュース。部落差別解消に向けた取り組みとしては一歩前進…なんやけど、ホンマにこれで差別がなくなるんかいな?

まず、今回のケースは、教員が購入した土地が被差別部落にあったことを理由に契約解除を求めたというもの。これは明らかな差別行為やけど、教員側は「差別する意図はなかった」と主張しとる。

ほんで、県は差別解消条例に基づいて教員に「説示」を行ったんやけど、具体的にどんな内容やったんか?単に「差別はアカン」って説教しただけなんやったら、意味ないわな。

差別解消条例は、差別を禁止するだけでなく、差別を受けた人が救済を受けられる仕組みも整備せなあかん。今回のケースで言えば、教員に対して、部落差別に関する研修を受けさせるとか、差別解消に向けた具体的な行動計画を策定させるべきや。

それに、今回の「説示」はあくまで行政指導やから、教員が従わなかったとしても法的拘束力はない。ホンマに差別をなくしたいんやったら、もっと強い措置が必要やないかいな?

例えば、差別を行った個人や団体に対して、行政指導だけでなく、罰則を科せるようにするとか。

それに、差別解消条例の存在自体をもっと広く知ってもらう必要がある。県民向けの啓発活動はもちろん、学校教育にも部落差別問題をしっかり取り入れるべきや。

教員自身が差別意識を持っとる場合もあるんやから、教員向けの研修も充実させなあかん。

行政も、民間企業も、教育機関も、一丸となって差別解消に取り組んでいかんと、ホンマの意味で差別のない社会は実現できへん。

今回の「説示」は、三重県における差別解消に向けた第一歩としては評価できるけど、まだまだ道半ばや。

今後、県がどんな具体的な取り組みを進めていくのか、しっかりと見守っていく必要がある。

今回のケースは、あくまで氷山の一角。水面下では、まだまだたくさんの差別が起こっとる可能性が高い。

差別解消条例は、2022年に施行されたばかり。まだ運用状況が十分に検証されてへん。

差別解消条例を運用するにあたっては、人権侵害や表現の自由の制限などの懸念も指摘されておる。

差別解消条例の効果的な運用に向けた議論を深める必要がある。

差別解消に関する啓発活動や教育をさらに充実させる必要がある。

行政、民間、教育機関が連携して差別解消に取り組む必要がある。

三重県が差別解消条例を初適用したことは、差別解消に向けた一歩前進と言える。しかし、差別をなくすためには、まだまだ多くの課題が残されている。今後は、行政、民間、教育機関が連携して、より具体的な取り組みを進めていく必要がある。





スポンサーサイト