災害時のケア連携、半数が未検討 都道府県の応援受け入れ態勢

そうなんだ

大規模災害発生時、避難所では高齢者や障害者らが孤立し、命に関わる事態に陥るケースが少なくありません。こうした状況を改善するため、国は「災害派遣福祉チーム(DWAT)」を派遣していますが、その受け入れ態勢を具体的に検討していない都道府県が約半数に上ることが厚生労働省の調査で明らかになりました。

東日本大震災では約3800人、熊本地震では死者の約8割を占めた災害関連死。避難所での環境変化は心身の負担となり、食欲や身体機能が衰え、病や転倒で命を落とす場合もあります。DWATはこうしたケースを防ぎ、避難生活を送る人々を支える重要な役割を担っています。


避難所で高齢者や障害者らをケアする「災害派遣福祉チーム」(DWAT)を巡り、都道府県の約半数は他県から入る応援組の受け入れ手順など、連携方法を具体的に検討していないことが昨年1月末時点での厚生労働省の調査で分かった。自治体職員やノウハウの不足が理由とみられる。大災害時は広域応援が欠かせず、事前の準備が不十分なままでは効果的な人員配置や円滑な活動に支障が出る恐れがある。







https://news.livedoor.com/article/detail/25979309/


批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
厚生労働省の調査によると、災害時の避難所で高齢者や障害者らをケアする「災害派遣福祉チーム」(DWAT)の受け入れ手順など、連携方法を具体的に検討していない都道府県が約半数もいることが判明したらしいわ。

おいおい、マジかよ?災害はいつ起こるかわからへんし、いざって時に連携がうまく取れへんかったら、避難生活を送ってる人たちがめっちゃ困るやん。

こんな大事な連携を検討しとらんって、自治体の怠慢としか言いようがないわ。

人手不足が理由らしいけど、それならもっと前から対策しとかなあかんやろ。

大規模災害発生時には、広域応援が必須やねん。応援受け入れ態勢が整ってへんかったら、効果的な人員配置や円滑な活動が阻害される可能性が高い。

過去の災害でも、避難所での環境変化が原因で体調を崩したり、命を落とす人が少なくなかったんや。

行政は、災害時のケア連携をしっかりと検討し、万全の態勢で臨むべきや。

民間企業やボランティア団体との連携も重要や。

行政は、災害時のケア連携の重要性を認識し、意識改革を図っていく必要がある。

市民も、災害時のケア連携について関心を持 and していくことが重要や。

行政に対して、具体的な対策を求める声も上げていくべきや。

災害時のケア連携は、被災者の命を守るために不可欠な要素や。行政はもっと真剣に取り組むべきや。





スポンサーサイト