地方公務員の非正規が増加 2023年度は74万人超で最多「5人に1人」の計算

炎上1

地方自治体で働く非正規公務員が、2023年度に74万2725人に上り、調査開始以来最多となったことが総務省のまとめで分かりました。正規職員は近年280万人前後で推移しており、働く5人に1人が非正規職員という計算になります。

増加の背景には、財政難による正規職員採用抑制や、業務量の増加などが挙げられます。しかし、非正規職員は正規職員と比べて待遇が劣る場合が多く、不安定な雇用状況に置かれているケースも少なくありません。


地方自治体で働く非正規公務員の数が2023年度は74万2725人に上り、調査を開始した05年度以降で最も多くなったことが総務省のまとめで分かった。



地方公務員の非正規が増加 2023年度は74万人超で最多「5人に1人」の計算


批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
おいおい、ほんまアホちゃうか、この数字。地方公務員の非正規が74万人超えて、調査開始以来最多って、どないなってるんや。5人に1人が非正規って、もう公務員って呼べるんかいな。

正規職員は減らしといて、非正規ばっかり増やすって、一体どういうつもりなんや。人件費を抑えたいだけやろ。行政サービスの質が下がるのは目に見えてるわ。

非正規職員は、正規職員と比べて給料も低いし、雇用も不安定や。将来の保証もないし、安心して働けるわけない。

ほんま、今の政治家たちは、現場のことなんて何も考えてないんや。自分たちの天下だけを守ろうとしてるだけ。

このままやったら、地方公務員はますます魅力のない仕事になるわ。優秀な人材は誰も集まらへんようになる。

ほんま、腹が立つわ。

せめて、非正規職員の待遇を改善せなあかん。正規職員と同等の給料と雇用保障を与えんと話にならん。

それと、正規職員の採用枠を増やすべきや。行政サービスの質を維持するためには、人材確保が不可欠や。

もっとも、根本的な問題としては、地方財政の悪化があるんや。地方税の収入が減って、財政が逼迫してる。

この問題を解決するためには、国による財政支援が必要や。地方税の増税も避けられへんかもしれん。

いずれにしても、このまま放置したら、地方行政は崩壊してしまう。もっと真剣に問題に取り組んでほしいわ。

具体的には、以下の施策が必要やと思う。

非正規職員の給与を正規職員と同程度に引き上げる。

非正規職員の雇用を安定させる。

正規職員の採用枠を増やす。

地方財政を支援する。

これらの施策を実行することで、地方公務員の働きがいを高め、行政サービスの質を維持することができる。

政治家たちは、もっと責任を持って仕事をしてほしい。国民のため、地方のため、真剣に考えて行動してほしいわ。





スポンサーサイト