【政倫審開催も遠い実態解明】土曜の予算採決で“衆院通過”廃止方針の還流なぜ継続?

炎上1

疑惑の渦中にある安倍派の政治資金問題。その解明を期待されていた衆院政治倫理審査会(政倫審)の開催は、依然として見通しが立っていない。

3月2日、異例の土曜日に強行された2024年度予算案の衆院採決。その混乱の影で、自民党派閥による政治資金問題への疑惑は深まるばかりだ。




https://news.livedoor.com/article/detail/25980763/


批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
土曜の予算採決で「廃止方針」の還流継続。呆れるわ、ホンマ。

国民の声無視して、自分らだけ都合ええようにルール変えようってんのか?政治倫理の低下が問題になってる時に、こんなん許したら、政治への不信感ますます高まるわ。

しかも、その理由が「実態解明」とかほざいとる。ほな、今までの政倫審は何しとったんや?何年も前から問題指摘されてんのに、何もできてないやん。

「自民党は世耕弘成参院幹事長が同党の二階派、麻生派、竹下派の3派の幹事長と協議し、出席する意向を確認した。」とか言うてるけど、結局は派閥の力関係で決まってるだけやん。国民のことは二の次かいな。

ほんま、ええ加減にしてほしいわ。政治家どもは、国民の声もっとちゃんと聞けや。国民のために働いてるって言うんやったら、せめてもっとまともな仕事せえや。

廃止方針決めたのに、あっさり前言撤回。国民の声無視もいいとこ。

政倫審の機能不全は明白なのに、まだ「実態解明」とかほざいとる。

結局は派閥の力関係で決まってる。国民のことなんて眼中にない。

政治への不信感さらに高まる。

政治倫理の低下加速。

国民の政治離れ進行。

国民がもっと声を上げ、政治家へ圧力をかける。

選挙でまともな政治家を選ぶ。

政倫審の改革、廃止も含めて議論する。

ほんま、もう我慢ならんわ。政治家ども、ええ加減国民のこと考えて仕事せえや!

上記はあくまで一例です。他にも様々な視点から

例えば、以下のような点について言及することもできます。

また、具体的な事例を挙げて批判することも効果的です。

例えば、以下のような事例を挙げることができます。

これらの点を踏まえて、自分なりの





スポンサーサイト