きょうから参院で予算委員会 政倫審を巡る協議も

バーカ

参議院予算委員会が、きょう4日から開催されます。焦点の一つは、政治倫理審査会(政倫審)をめぐる攻防です。

自民党は、二階派前会長二階俊博氏の証人喚問を拒否する構え。一方、野党側は、二階氏の証人喚問なしでは予算案の採決に応じないとしています。




https://news.livedoor.com/article/detail/25981364/


批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
ほな、きょうから参議院予算委員会が始まるんやて。ようやっとか、って感じやわ。岸田政権は、政治資金問題や統一教会問題で、ホンマにボロボロや。国民の不安も高まってるし、野党も追及を強めてる。

特に、自民党の派閥政治資金パーティー問題や、茂木敏充外務大臣の政治資金問題、二階派の政治資金問題、それに、山際大志郎前経済再生担当大臣の政治資金問題…ほんま、キリがないわ。

それに、政倫審の協議も始まるんやて。今、世耕弘成参議院幹事長が、二階派の二階俊博元幹事長のパーティー券問題で、参考人招致に応じるかどうか、調整してるらしいけど、ようするに逃げようとしてるんちゃうか?

二階派は、政治資金問題で、ようけ疑惑があるのに、まともに説明責任を果たしてない。世耕氏も、二階派のドンやから、ホンマに追及する気あんのか、怪しいわ。

野党は、政治資金問題や統一教会問題を中心に、岸田政権を追及するやろう。岸田首相は、まともに答弁できるんやろか?

ホンマに、期待薄やわ。

岸田首相は、これまでの国会答弁でも、ホンマにひどかった。

「丁寧な説明」言うてたけど、全然丁寧やなかったし、質問に答えてないこともようけあった。

「記憶にない」とか、「聞いてない」とか、「確認する」とか…逃げ口上ばっかり。

今回の予算委員会でも、同じような答弁を繰り返したら、国民の怒りはさらに高まるやろ。

岸田首相は、国民の声に耳を傾け、真摯な答弁をするべきやわ。

野党も、もっと頑張らんとあかん。

これまでの国会質問では、追及が甘いとこもあった。もっと鋭く、もっと深く追及していく必要がある。

国民の不安を代弁するんやったら、もっと気合い入れて、本気で追及せなあかん。

国民も、今回の予算委員会をしっかり見守っていく必要がある。

テレビやインターネットで中継を見たり、新聞やニュース記事を読んだりして、議論の内容を把握しましょう。

そして、岸田政権や野党の姿勢を厳しくチェックしていく必要がある。

国民の声が大きければ、政治も変わる。

今回の参議院予算委員会は、岸田政権の真価が問われる重要な国会審議や。

国民の期待は大きい。

岸田政権は、国民の声に真摯に耳を傾け、疑惑を徹底的に解明する責任を果たすべきや。

野党も、国民の期待に応えられるよう、全力で追及していく必要がある。

国民も、国会審議をしっかり見守り、声を上げていくべきや。





スポンサーサイト