異例の“土曜日国会” 2024年度予算案が衆院通過

なんでや
2024年3月2日、異例の土曜日開催となった国会で2024年度予算案が衆議院を通過しました。参議院での審議を経て年度内成立が確実となる中、巨額予算の行方、そして政治への不信感の高まりが懸念されています。

異例の土曜日開催の背景: 野党の反発を押し切って強行された土曜日開催は、国会運営の混乱と強権的な姿勢を象徴するものとして批判されています。




https://news.livedoor.com/article/detail/25977284/

批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
2024年度予算案が、土日も使って強行採決されたらしいな。ほんで、自民・公明の賛成多数で衆院通過って、もう呆れすぎて言葉も出えへんわ。

まず、何で土曜日まで国会開かなアカンねん? 平日の昼間、仕事してる国民の声は無視して、自分らだけの都合で審議進めるって、民主主義の形も何もあったもんやない。まるで、国民不在の密室会議やわ。

しかも、この予算案、中身は問題だらけや。防衛費増額に5兆円も突っ込むとか、国民生活のこと全く考えてへんやろ。物価高で生活苦しい国民がどんだけおんのに、そんなん無視して、自分らだけ肥え太ろうって魂胆見え見えやわ。

おまけに、岸田首相は、森友・加計問題や、安倍派の政治資金問題への説明責任を果たしとらん。国民の不安を無視して、強引に予算案を押し通そうとする姿勢は、権力への傲慢さ以外の何物でもあらへん。

ほんま、この国は腐りきってもうたんやないか? 国民の声を無視して、自分らの利益だけを追求する政治家ども。こんな連中に国政を任せてたら、日本はどん底に落ちるだけやわ。

せめて、野党はもっと頑張ってくれへんのか? 立憲民主党は、結局のところ共産党と組むことができず、予算案に賛成したらしいな。国民のために戦う気概はどこに行ったんや?

このままでは、日本は本当にダメになる。国民一人ひとりが声を上げなければ、何も変わらない。もっと政治に関心を持ち、おかしいものはおかしいと声を上げんとあかん。

せやけど、今の状況は正直、絶望的やわ。メディアも権力に迎合して、まともな報道しとらんし、国民も政治に疲れ果てて、諦めの気持ちになってしまってる。

それでも、希望は捨てたくない。まだ間に合うはずや。一人ひとりが声を上げれば、政治を変えることはできる。

せやから、声を上げよう。おかしいものはおかしいと、堂々と批判しよう。SNSで拡散したり、デモに参加したり、できることから始めていこう。

日本を、もっと良い国にするために。

政治家やメディアに、自分の意見を積極的に発信する。

選挙で、国民の声を反映する政治家を選ぶ。

政治に関心を持ち、情報を収集する。

周りの人に、政治の現状を伝える。

デモや集会に参加する。

政治資金パーティーへの寄付を控える。

市民団体やNGOの活動に参加する。

土曜日国会は、国民不在の密室会議であり、民主主義の形を歪める行為である。

この問題を他人事ではなく、自分自身の問題として捉え、声を上げることが重要である。

一人ひとりの行動が、日本の未来を変えることができる。





スポンサーサイト