現職教員も対象…性犯罪の有無確認する「DBS」法案の骨子が判明

バーカ
ついに「日本版DBS」法案の骨子が明らかになりました!この法案は、性犯罪や児童虐待の過去を持つ人物が子どもと接する仕事を制限することを目的としています。対象となるのは、学校や保育所だけでなく、学習塾やスポーツクラブなど、子どもと接する機会があるすべての事業者です。

詳細は以下の記事をご覧ください。




https://news.livedoor.com/article/detail/25957787/

批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
ほな、性犯罪の有無を確認する「DBS」法案の骨子が判明したらしいな。現職教員も対象って、ええんか?

DBSってのは、「Disclosure and Barring Service」の略で、イギリスで導入されてる制度や。簡単に言うと、子どもと接する仕事に就く人の性犯罪歴を照会できるデータベースってことです。

今回の法案では、以下の4つの職種が対象になるらしい。

つまり、幼稚園、小学校、中学校、高校の教員はもちろん、放課後デイサービスや児童館の職員、塾の講師なんかも対象になるってことや。

性犯罪から子どもを守るって目的はええんやけど、いくつか問題点も指摘されてる。

教員はすでに事務作業で忙しいのに、さらにDBSの照会手続きもしなあかんようになる。これは教員の負担増加につながるんちゃうか?

DBSによって、性犯罪歴のある人が教員になることが難しくなる。これは教員不足をさらに深刻化させるんちゃうか?

政府は、これらの問題点を解消するために、以下の対策を講じるらしい。

しかし、これらの対策が本当に有効なんかどうかは、まだ分からへん。

DBS法案は、子どもを守るための重要な取り組みであることは間違いない。しかし、同時に多くの問題点も指摘されている。

政府は、これらの問題点を十分に検討した上で、慎重に法案を審議していくべきや。

DBS法案は、子どもを守るための重要な取り組みであることは間違いない。しかし、同時に多くの問題点も指摘されている。

政府は、これらの問題点を十分に検討した上で、慎重に法案を審議していくべきや。

DBS法案は、子どもたちの未来に関わる重要な問題である。

今後も、この問題について関心を持ち、議論を続けていくことが重要である。





スポンサーサイト