[深層NEWS]次期戦闘機、第三国輸出できなければ「技術を取られるだけ」…小野寺元防衛相

炎上2
小野寺元防衛相は、次期戦闘機の第三国輸出が実現しなければ、日本の防衛技術が海外に流出する可能性を指摘しています。

次期戦闘機は、日本、イギリス、イタリアが共同開発する最新鋭機です。もし第三国への輸出が実現しなければ、開発費用を回収できず、防衛産業の衰退に繋がる可能性があります。


自民党の小野寺五典・元防衛相と河野克俊・元統合幕僚長が27日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、日英伊3か国が共同開発する次期戦闘機の第三国輸出を巡り議論した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25951087/

批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
小野寺元防衛相が、次期戦闘機の第三国輸出について「技術を取られるだけ」と発言したらしいな。ほんで、輸出できなければ開発費の元が取れへんから、防衛産業が衰退してしまうって主張しとるんや。

おいおい、ほんまかそれ?ワシはめっちゃ疑問やわ。

まず、技術流出の問題やけど、戦闘機って高度な技術の塊やから、輸出したら技術がパクられるリスクは絶対にあるわな。しかし、小野寺氏は具体的な対策を何も示しとらん。技術流出を防ぐための厳格な管理体制を構築するとか、輸出先を慎重に選ぶとか、もっと具体的な話をしてほしいわ。

それに、技術流出は避けられへんリスクとして考えなあかん。技術を売るってことは、それだけ世界中の競争相手が増えるってことや。自衛隊の装備が陳腐化するリスクも高まるわ。

ほんで、防衛産業の衰退問題やけど、そもそも次期戦闘機の開発費って、4兆円以上かかると見積もられてるんや。そんなん、ほんの一握りの国しか買えんわ。

それに、戦闘機ってそんなに頻繁に売れるもんちゃう。せいぜい10年に1回とか、そんなレベルやろ。しかも、日本は武器輸出三原則で縛られてるから、輸出できる相手も限られてくる。

もっと現実的な話をするなら、まずは国内市場をしっかり守ることが重要や。自衛隊の装備を充実させ、日本の防衛力を強化することこそが、防衛産業の未来を支える一番の近道やと思うわ。

小野寺氏の言葉は、いかにも聞こえはええけど、中身は空っぽや。もっと真剣に、日本の防衛産業の未来を考えてほしいわ。

小野寺氏は、これらの問題について明確な答えを示していない。防衛産業の未来を考えるなら、もっと現実的な議論が必要や。





スポンサーサイト