経済安保の機微情報漏えいに拘禁刑、「セキュリティー・クリアランス制度」法案を閣議決定

バーカ、バーカ
2024年2月27日、政府は経済安全保障分野における機微情報の漏洩を防ぐため、「セキュリティー・クリアランス制度」法案を閣議決定しました。この制度は、民間企業を含む関係者に対して、国家安全保障に影響を与える重要な情報へのアクセスを制限するもの。情報漏洩に対しては、5年以下の懲役または500万円以下の罰金、またはその両方が科されます。

今後は、国会での審議を経て法案が成立する見込みです。この制度が、経済安全保障の強化と情報保全の両立をどのように実現していくのか、注目されます。


政府は27日、経済安全保障分野の機微情報に触れる資格を与える「セキュリティー・クリアランス(適性評価)制度」を創設する法案を閣議決定し、衆院に提出した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25951301/

批判的な関西弁で感想を2500文字以上述べてください
政府が経済安保の機微情報漏えい対策として、ようやっと「セキュリティ・クリアランス制度」法案を閣議決定したらしいな。ほんで、情報漏えいしたら5年以下の懲役か500万円以下の罰金、またはその両方が科せられるって。

まず、一番の問題は、この制度がほんまに「経済安保」に役立つかどうかやな。ほんまに重要な情報は、そもそも漏えいさせへんような仕組みを作らんとあかんのちゃうか?

それに、情報漏えいしたかどうかを判断する基準が曖昧すぎるねん。ほんまに「故意」に漏えいしたんかどうか、誰が判断するんや?ほんまに公正な判断ができるんやろか?

あと、この制度によって、民間企業の活力まで損なわれる可能性もあるで。優秀な人材が、いちいち国家による調査を受けなあかんのやったら、民間企業に就職する気なくなる人も出てくるかもしれへん。

政府は、この制度によって経済安保が強化される言うてるけど、オイラは正直、そんな気はせえへん。ほんまに効果があるかどうかは、やってみんと分からへんけど、少なくとも、今のままでは問題だらけやと思う。

せめて、以下の点について、もっと議論を深めてもらいたいわ。

ほんまに経済安保を守るためには、もっと慎重な議論が必要やと思う。政府には、国民の声をしっかりと聞いて、より良い制度を作ってほしいわ。

ほんまに効果があるかどうかは、やってみんと分からへんけど、リスクの方が大きいような気がする。

政府は、もっと国民に説明責任を果たすべきや。

この制度によって、国家権力が強くなりすぎる可能性もあるで。

セキュリティ・クリアランス制度は、経済安保を守るための重要な制度かもしれない。けど、今のままでは問題だらけやと思う。政府には、国民の声をしっかりと聞いて、より良い制度を作ってほしいわ。





スポンサーサイト