日米韓外相会談:北朝鮮の脅威に立ち向かう三国の連携強化

炎上3
挑発行為を続ける北朝鮮への抑止力と対処力を高めるため、日米韓外相が結束を固めた。



https://news.livedoor.com/article/detail/25927200/

日米韓外相会談:北朝鮮の脅威、ほんまに大丈夫なんか?
ほな、日米韓外相会談がブラジルで開かれたってニュース、見たわ。北朝鮮の核・ミサイル開発問題が主な議題やったみたいやけど、ほんまに効果あんのかいな?

まず、北朝鮮の核開発問題。もう何年も前から国際社会が解決しようと努力しとるけど、一向に進展がない。今回の会談でも、三国の連携強化を確認したって言うけど、具体的に何すんねん?

アメリカは「北朝鮮が挑発すれば断固とした対応を取る」って言うてたんやけど、具体的にどんな対応を取るんか、いまだに分からへん。軍事行動は避けたい言うてるけど、経済制裁だけで北朝鮮が言うこと聞くと誰が思うねん?

韓国は「対話と圧力」のバランスを取るとか言うてるけど、どっちも中途半端にならんようせなあかん。北朝鮮は「対話」って言うたら、アメリカに金銭的支援を要求するだけや。

日本は「拉致問題の解決」を最優先課題に掲げとるけど、拉致問題と核問題をリンクさせるのは筋違いやと思うねん。拉致問題は人道問題やから、核問題とは別に解決せなあかん。

結局、三国の足並みは揃ってへんし、北朝鮮をどうにかする気概も感じられへん。会談の結果、北朝鮮が核開発を放棄するとは思えんし、むしろ挑発を強める可能性もあるんちゃうか?

それに、中国の存在も無視できへん。中国は北朝鮮の最大の支援国やから、中国の協力なしに北朝鮮問題を解決するのは無理や。今回の会談では中国についてほとんど議論されてへんかったみたいやけど、ほんまに大丈夫なんかいな?

北朝鮮の脅威は年々増しとるのに、三国の対応は後手後手に回っとるように見える。このままじゃ、北朝鮮の核ミサイルが日本に飛んでくるのも時間の問題かもしれへん。

もっと危機感を持って、具体的な行動を取るべきやと思うねん。ほんまに北朝鮮の脅威に立ち向かう気があるんか、三国の外相に問いたいわ。

具体的に何すべきか?

北朝鮮問題を解決するためには、以下の3つのポイントを押さえる必要があると思う。


アメリカ、韓国、日本はそれぞれ異なる外交政策を持っている。まずは三国の足並みを揃え、共通の目標を掲げる必要がある。


中国は北朝鮮の最大の支援国である。中国の協力を得なければ、北朝鮮問題を解決することはできない。


経済制裁、外交交渉、軍事行動など、あらゆる手段を駆使して北朝鮮に圧力をかける必要がある。


日米韓外相会談は北朝鮮問題解決に向けた一歩ではある。しかし、現状のままでは北朝鮮の脅威を抑止することはできない。

三国の外相には、もっと危機感を持って、具体的な行動を取ることを求めたい。





スポンサーサイト