政倫審「完全非公開」に野党反発!過去1例のみ、自民内にも懸念

なんでや
政治倫理審査会のあり方を巡り、最終調整が進められている。焦点となっているのが、審査の「完全非公開」案だ。野党各党は反発を強めており、自民党内からも懸念の声が上がっている。

過去には、2009年に一度だけ、政治倫理審査会が完全非公開で行われたことがある。しかし、その時は、世間の批判が殺到し、わずか3日で公開に戻されたという経緯がある。

今回の完全非公開案は、世間の目を避け、与党に有利な結論を導き出すための「密室会議」との批判も出ている。

今後、政倫審のあり方は、政治への信頼に関わる重要な問題として、国会でも議論が活発化することが予想される。


衆院の政治倫理審査会が28、29両日に開かれる見通しとなり、審査会の公開の是非が焦点になっている。







https://news.livedoor.com/article/detail/25927917/

政倫審「完全非公開」に野党反発!過去1例のみ、自民内にも懸念:批判的な関西弁で感想
ほな、自民党がまたやらかしたらしいな。今度は政治倫理審査会の「完全非公開」やて。ほんで、野党は当然のごとく反発しとる。過去に1例だけあるらしいけど、そんなもん前例にならんわ。

まず、一番の問題点は、政治倫理審査会が何しとるかわからんって事や。国民の代表がおかしな金の使い方しとったら、ちゃんと調査して、国民に説明せなあかんやろ。それを、こそこそ非公開でやろうってのが、もう腐っとるわ。

しかも、過去に1例だけあるらしいけど、あれは特別委員会設置法に基づいて設置された調査委員会やから、今回のケースとは全然違うわ。今回の政倫審は、倫理審査会法に基づいて設置されたもんやから、公開が原則や。

自民党は、「公開したら、議員が萎縮してしまう」とかほざいとるけど、そんなもん言い訳に過ぎんわ。萎縮するような事しとるから、萎縮するんや。まっとうな政治しとったら、公開しても何にも問題あらへんやろ。

それに、非公開にする事で、癒着とか隠蔽とか、色々疑われるに決まっとるわ。国民は、政治家に対して不信感を持っとるんやから、それをさらに高めるような事したらあかん。

自民党は、国民の代表や。国民の利益のために働いとるんやったら、堂々と公開でやればええんや。非公開にするって事は、何かやましい事があるって事やないか。

ほんで、自民党内にも懸念の声が上がっとるらしいけど、もっと声を上げなあかんわ。おかしいもんはおかしいって、はっきり言うべきや。

せやけど、今の自民党は、安倍晋三とかいう独裁者が牛耳っとるから、まともな意見は通らんわ。ほんま、腐っとるわ。

せやから、国民がもっと声を上げなあかん。おかしいもんはおかしいって、選挙で意思表示せなあかん。

ほな、最後に一言。

自民党、ほんまアホちゃうか?





スポンサーサイト