国民の怒りをよぶ「裏金問題」、自民党の対応は?

どこまで腐ってんだてめぇらは

安倍派5人衆、ついに政倫審に召喚!説明責任を果たせるのか?
自民党は、政治資金問題で揺れる安倍派5人衆のうち、松野博一前官房長官、高木毅前国対委員長ら5人の衆議院議員を28日に開催される政治倫理審査会に出席させる調整に入った。参議院では世耕弘成前参院幹事長が弁明する見込み。
しかし、世耕氏ら5人衆はこれまで説明を拒否し続けてきた。今回の出席は、野党からの強い批判を受け、ようやく重い腰を上げた格好だ。国民の怒りをよぶ「裏金問題」に対し、自民党は真摯な対応を示すのか、それとも責任逃れに終始するのか。
5人衆は、疑惑を晴らせるのか?
自民党は、真相究明に協力するのか?
国民の信頼を回復できるのか?
自民党はなぜ、これまで疑惑を放置してきたのか?
5人衆は、なぜ政治資金問題に関与したのか?
国民は、自民党の説明を信用できるのか?
この問題の行方は、日本の政治に対する国民の信頼を大きく左右する。今後も注視していく必要がある。


自民党は21日、派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会を28日にも開く方向で調整に入った。







https://news.livedoor.com/article/detail/25916925/


自民党の裏金問題:呆れる対応、国民の怒りは当然
ほな、自民党の裏金問題、どないなっとんねん?ほんま呆れるわ。
2023年10月、自民党の4つの派閥(安倍派、二階派、岸田派、麻生派)が、政治資金収支報告書に記載漏れがあったことが発覚したんや。いわゆる「裏金問題」やね。
具体的には、政治資金パーティーの収入を過少に記載したり、支出を水増ししたりして、実際より政治資金を少なく見せかけてたんや。
この問題、ほんま腹立つわ。
国民の信頼を損ねる: 政治家は国民から選ばれた公僕や。政治資金は国民からの浄財やのに、それを私物化しとったら、国民の信頼を裏切ってるんと同じや。
政治資金規正法違反: 政治資金収支報告書に虚偽記載するのは、政治資金規正法違反や。法律違反しといて、政治家として責任取らんとかありえへんやろ。
政治不信を高める: 政治家は金で動く、政治は金持ちのもんや、ってイメージが強なってまう。政治への不信感、ますます高まるわ。
自民党は、問題発覚後、以下のような対応を取った。
調査委員会を設置: 問題の調査のために調査委員会を設置した。
派閥の解散: 問題のあった4つの派閥は解散した。
不記載分の寄付を返金: 不記載分の寄付を返金した。
しかし、これらの対応は到底十分とは言えん。
調査委員会は形だけ: 調査委員会は、自民党の内部調査機関や。ほんまに真相究明する気があるんか疑わしいわ。
派閥解散は責任の放棄: 派閥解散しても、問題の責任は消えんやろ。責任者出てこいよ。
返金は当然: 不記載分の寄付を返金するのは当然の義務や。
国民は、自民党の対応に怒り心頭や。
世論調査: 世論調査では、9割以上の国民が自民党の対応に不満を持っている。
抗議デモ: 全国各地で、自民党に対する抗議デモが行われている。
自民党は、国民の怒りを鎮めるために、もっと真剣な対応を取らんとあかん。
真相究明: 徹底的な調査を行い、真相を究明する必要がある。
責任者の処罰: 責任者は厳正に処罰されるべきや。
再発防止策: 再発防止策を策定し、実行する必要がある。
ほな、最後に一言。自民党、ええかげんにせえや!国民の怒りを舐めんなよ!
この問題は、まだ解決していない。今後の展開に注目が必要である。
この問題は、日本の政治に対する国民の信頼を大きく損ねた。
この問題は、政治資金制度の改革を促すきっかけとなった。





スポンサーサイト