自公、次期戦闘機輸出へ協議開始!火種となる「第三国」への緩和

炎上2

平和主義国家の転換点か、軍需産業拡大への懸念か?
2024年2月22日、自民党と公明党の政調会長が次期戦闘機の第三国への輸出緩和について協議を開始しました。これは、戦後の平和主義国家としての歩みを大きく左右する可能性のある動きです。
今後、与党内での議論が進むとともに、国民的な議論も活発化していくことが予想されます。
政府は、輸出先を限定するなど、慎重な運用を強調していますが、その基準は明確化されていません。
防衛産業の拡大は、軍拡競争を加速させ、地域の緊張を高める可能性があります。
武器輸出は、人権侵害や紛争助長に繋がるリスクも伴います。
自公両党は、3月末までに結論を出すことを目指しています。国民の理解を得られるかどうか、今後の議論に注目です。




https://news.livedoor.com/article/detail/25917725/


自公、次期戦闘機輸出へ協議開始!火種となる「第三国」への緩和:批判的な関西弁で徹底解説
ほな、自公が次期戦闘機、F-35の輸出に向けて協議開始したってニュース、あんたらもう聞いた?
ほんまアホちゃうか、この国は!
戦闘機って、人殺しの道具やぞ。それを平気で輸出するって、どういう神経しとるねん?
しかも、輸出先って「第三国」て、どこやねん?具体的に言わんかい!
ほんま、ええ加減にせえよ、自公は!
まず、一番の問題は、武器輸出三原則の軽視や。
って原則やねん。
でも、今回、自公が協議しようとしてるのは、「第三国」への輸出や。これは、明らかに武器輸出三原則違反や。
自公は、日本を武器輸出大国にする気か?
そんなん、許されるわけあらへんわ!
んで、もう一つの問題は、「第三国」への輸出が火種になる可能性や。
「第三国」って、具体的にはどこの国を想定しとるねん?
中東諸国か?東南アジア諸国か?
いずれにしても、これらの地域は、もともと政治的に不安定な地域や。そこに戦闘機を輸出したら、どうなると思う?
戦争の火種になるに決まってるやろ!
日本は、戦争放棄をうたった憲法を持っているんや。なのに、戦闘機を輸出するなんて、憲法違反もいいとこや。
自公は、日本の平和を壊す気か?
自公は、戦闘機輸出によって経済効果が期待できるとかほざいとるけど、そんなんほんまか?
戦闘機って、めっちゃ高価な商品や。そう簡単に売れるわけあらへんわ。
それに、戦闘機を輸出しても、そんなに雇用が生まれるわけでもない。
自公は、国民を騙して金儲けしようとしてるんちゃうか?
自公は、国民の不安を無視して、勝手に協議を進めようとしてる。
戦闘機輸出なんて、国民の大多数が反対してるんや。
自公は、国民の声を聞く気はないんか?
以上のことから、自公の次期戦闘機輸出協議は、絶対に許されるべきではない。
自公は、今すぐ協議を中止しろ!
自公が協議を中止するかどうかは分からない。
しかし、国民の反対の声が大きければ、協議を中止せざるを得なくなる可能性もある。
一人一人が声を上げることが大切や。
自公の暴走を許すな!
武器輸出三原則は、1967年に佐藤栄作首相が発表した政策指針である。
F-35は、アメリカ製のステルス戦闘機である。
自公は、自由民主党と公明党の略称である。





スポンサーサイト