防衛省、有事の輸血に備え全血液型対応製剤製造へ:命を救うのか、新たなリスクを生むのか?

炎上3

防衛省は、島嶼部などでの有事に負傷した自衛官への輸血を目的に、血液型を問わず投与できる「全血」の血液製剤を独自に製造する方針を明らかにした。しかし、この方針には、以下の懸念点も指摘されている。
安全性: 全血製剤は、感染症のリスクや副作用が通常の血液製剤よりも高いことが指摘されている。
倫理性: 戦争という極限状況下での輸血は、患者の同意なしに行われる可能性があり、倫理的な問題を孕む。
コスト: 全血製剤の製造には、通常の血液製剤よりも多くの時間と費用がかかる。
実効性: 戦場での医療環境は極めて厳しく、全血製剤が本当に命を救えるのか疑問視する声もある。
全血製剤の安全性と有効性をどのように検証するのか?
戦争という極限状況下で、倫理的な輸血体制をどのように構築するのか?
高額なコストに見合うだけの効果が本当に期待できるのか?
戦場での輸血の課題をどのように克服するのか?
防衛省の方針は、命を救うという崇高な目的を掲げている一方で、安全性、倫理性、コスト、実効性など多くの課題を抱えている。今後、これらの課題にどのように向き合い、克服していくのかが問われる。
全血製剤の製造は、本当に必要な選択なのか?
命を救うという目的のためには、倫理的な妥協は許されるのか?
防衛省は、国民に対して十分な説明責任を果たしているのか?
戦争の悲惨さを再認識し、平和への努力を呼びかけるべきではないか?


有事の際の自衛隊員への輸血のあり方を議論する有識者会議の提言を受け、防衛省は、血液型にかかわらず輸血が可能な血液製剤の製造を目指す方針を固めました。戦闘の現場での死亡の多くは失血死のため、迅速な輸血が必要とされます。ただ、一般の医療のルールに基づくと、血液型ごとの血液製剤を輸血することが原則とされていて、管理や運用などが複雑で有事には対応できないのではないかとの指摘が出ていました。このため、防衛省の有識者会議は、有事の際の輸血のあり方について議論を行ってきました。そして21日に、止血効果があり、血液型にかかわらず輸血が可能な「低力価O型全血」と呼ばれる血液製剤を確保すべき、との提言をまとめ、防衛省に提出しました。これを受け防衛省は、「低力価O型全血」と呼ばれる血液製剤を独自に製造することに向けて、薬事承認を目指す方針です。







https://news.livedoor.com/article/detail/25917822/


防衛省、有事の輸血に備え全血液型対応製剤製造へ:命を救うのか、新たなリスクを生むのか? - 批判的な関西弁で徹底解剖
おおきに、防衛省はん、有事やったら輸血に困るからって、血液型関係あらへん全対応製剤作るって言うてんね。ほんで、それが命を救うのか、リスクを増やすのか、って話やね。
まず、ええ点から言うと、確かに有事の際、輸血用の血液が不足する可能性は十分あるわな。災害や戦争で大量の傷者が出たら、血液型確認して輸血してたら間に合わんし、そもそも必要な血液型が不足しとる可能性だってある。
そやから、血液型関係あらへん製剤があれば、迅速に輸血できて命を救えるケースも出てくるかもしれん。特に、O型の血液は他の血液型に輸血できるから、緊急時には役に立つわな。
ほんで、問題点やけど、これがまた色々あるねん。まず、全対応製剤って、血液型関係あらへん分、拒絶反応が起こる可能性が高いねん。A型の人間がB型の血液輸血されたら、体が拒絶反応起こして、最悪の場合死ぬこともあるんや。
そやから、全対応製剤を使う前に、患者さんの血液型を検査して、拒絶反応が起こる可能性が低い製剤を選ぶ必要があるねん。けど、有事の際、そんなことしてる暇あるわけないやん。結局、リスク承知で全対応製剤輸血せなあかん状況になる可能性が高いわな。
それに、全対応製剤って、製造コストが高いねん。そやから、平時から大量に備蓄しとくのは難しい。有事になってから慌てて製造しようとしても、間に合わん可能性もあるわな。
ほんで、一番の問題は、全対応製剤の製造過程で、ウイルスや細菌が混入するリスクがあることやねん。血液製剤はもともと、ウイルスや細菌感染のリスクがつきもんやけど、全対応製剤は、複数の血液型を混ぜるから、そのリスクがさらに高くなるねん。
そやから、全対応製剤を輸血された患者さんが、ウイルスや細菌感染症を発症する可能性も出てくるわけや。命を救うために輸血したのに、逆に命を危険にさらしてしまう可能性もあるねん。
以上のことから、防衛省の全対応製剤製造計画は、命を救う可能性がある一方で、多くのリスクも抱えてるんや。
せやから、防衛省はんには、全対応製剤のメリットとデメリットを慎重に検討して、本当に必要なものなのか、もっと安全な方法はないのか、もう一度よく考えてほしいわな。
それに、国民にも、全対応製剤のリスクについてしっかり説明して、理解を得る必要があると思うわ。命に関わる問題やから、慎重にならんとあかんわな。
防衛省の全対応製剤製造計画は、命を救う可能性がある一方で、多くのリスクも抱えている。
メリットとデメリットを慎重に検討し、本当に必要なものなのか、もっと安全な方法はないのか、国民にもしっかり説明して理解を得る必要がある。
全対応製剤の製造コストをどのように負担するのか。
全対応製剤の安全性確保のための対策をどのように講じるのか。
全対応製剤の使用に関する倫理的な問題をどのように考えるのか。
これらの点についても、議論が必要である。
有事の輸血問題は、非常に重要な問題である。
防衛省には、国民の命と安全を守るために、最善の対策を講じてほしい。





スポンサーサイト