防衛費43兆円、本当に必要?タブー視せず徹底検証!

そうなんだ

「財源確保は国民の理解が不可欠」防衛費43兆円の見直しを巡り、有識者会議が議論に踏み切った。近年高まる安全保障環境への対応と、財政健全化の両立が求められる中、従来の枠にとらわれない斬新な提案が期待される。
限られた予算の中で最大限の効果を生み出すには?
国民の理解を得るための説明責任は?
防衛力強化と財政健全化、共存は可能か?
防衛費43兆円は、国民の税金から拠出される貴重な財源だ。有識者会議の議論は、将来の日本を形作る重要な役割を担う。結論を急ぐことなく、多角的な視点から徹底的な議論を尽くし、国民の納得を得られる結論を導き出すことが求められる。
あなたは43兆円の見直しを支持しますか?
コメント欄で意見を共有し、議論に参加しよう!


防衛省は19日、防衛力の抜本的強化に関する有識者会議の初会合を開催した。



防衛費43兆円の見直し「タブーとせず」、有識者会議で議論…軍民両用技術の開発促進など検証


防衛費43兆円、ほんまに必要なんか?タブー視せず、徹底検証せなアカンわ!
防衛費43兆円て、どない考えてもおかしいやろ。ほんまにそんなん必要なん?国民生活はほったらかしといて、軍備ばっかり増強しても、戦争は防げんわ。
まず、なんでこんなんアホみたいな金額になったのか、徹底的に調べなあかんわ。防衛省の言い分ばっかり聞いてたら、アカン。ほんまに必要な装備だけ買って、無駄なものはバッサリ切らなあかん。
具体的に言うと、まず、自衛隊の装備って、ほんまに必要なものなん?アメリカからようわからん兵器を爆買いして、ほんまに使ってんのか?ほんまに戦争になったら、役に立つんか?
あと、自衛隊の人件費も、もっと削減できるはずや。アメリカ軍の駐留経費も、日本が負担しとるけど、ほんまに必要なん?もっとアメリカに負担させなあかんわ。
それに、防衛費ばっかり増強しても、戦争は防げんわ。外交でしっかり関係を築いて、戦争が起こらないようにするのが一番大事や。
もっと国民生活に投資せなあかんわ。教育や医療、福祉を充実させて、国民が安心して暮らせる社会を作らなあかん。
防衛費43兆円て、国民の生活を犠牲にして、戦争に備えるようなもんや。こんなんおかしいやろ。
もっと国民の声を聞いて、徹底的に議論せなあかん。タブー視せず、防衛費のあり方を根本から見直さなアカンわ。
防衛費43兆円の内訳を、もっと詳しく公開せなあかん。何にどれくらいお金を使ってるのか、国民がちゃんと知って判断できるようにならなあかん。
防衛省の予算って、昔から不透明と言われてる。もっと透明性を高めて、国民にちゃんと説明せなあかん。
防衛費の増額は、国民の生活を圧迫する。消費税増税とか、他の財源で賄うなんて論外や。
防衛費の増額は、日本を戦争に巻き込む危険性を高める。軍拡競争に巻き込まれて、戦争が起こりやすくなる。
日本は平和主義国家なんやから、軍備増強よりも外交努力で平和を維持せなあかん。
防衛費43兆円は、国民の生活を犠牲にして、戦争に備えるようなもんや。こんなんおかしいやろ。もっと国民の声を聞いて、徹底的に議論せなあかん。タブー視せず、防衛費のあり方を根本から見直さなアカンわ。
最後まで読んでくれてありがとう。
何か意見があれば、ぜひコメントしてください。





スポンサーサイト