大阪市、クジラ処理費を調査!試算2倍超の8千万円で契約、課長が謎の進言?

バーカ、バーカ

大阪市が、昨年大阪湾に迷い込んだクジラの処理費用を調査しています。問題となっているのは、市の試算額の2倍以上となる8千万円という高額な契約。なんと、この契約は担当課長の進言によって決定されたというのです。
なぜ試算額の2倍以上もの費用が必要だったのか? 課長の進言にはどのような意図があったのか? 調査によって真相が明らかになるのか、注目が集まります。
批判的な読者の皆さんなら、以下の点に注目して記事を読み込んでみてはいかがでしょうか?
詳細な情報は記事にてご確認ください。


大阪湾の淀川河口近くで昨年1月に見つかり、その後死んだクジラの処理費について、大阪市は19日、金額の積算過程などが適正だったか調査を始めた。







https://news.livedoor.com/article/detail/25905417/


大阪市、クジラ処理費調査!試算2倍超の8千万円で契約、課長が謎の進言?
ほな、大阪市がクジラの処理費用を調査するってニュース、あんたら知ってる?試算の2倍超の8千万円で契約しとったらしいわ。ほんまアホちゃうか?
しかも、担当課長が謎の進言して、市の試算額を根拠なく8千万円に引き上げたって言うんや。何考えてんねん、ほんま。
市民の税金やぞ、どんだけ無駄遣いすんねん。8千万円あれば、もっと他に使い道あるやろ。
挙げたらキリないわ。
ほんま、大阪市役所って腐ってんのか?こんなん許してたら、市民なめられてるわ。
市長はもっとしっかりせんかい!責任者も厳重処分せなあかんわ。
それに、業者側も調子に乗ってるわな。市の試算の2倍以上って、ふざけんなや。
クジラ処理って、そんなに難しい作業ちゃうやろ。もっと安くできるはずやわ。
ほんま、今回の件は腹立つわ。大阪市はもっと透明性の高い行政運営せんかい!
今回の件で、特に問題だと思うのは以下の点や。
市の試算額は約3千万円やったのに、実際の契約額は約8千万円。これは明らかに問題や。
担当課長が、市の試算額を根拠なく8千万円に引き上げるよう進言したって言うんや。これは癒着を疑われても仕方ないわ。
業者側の見積もりは、市の試算の2倍以上。これは明らかに不当な価格や。
今回の件を教訓にして、大阪市は以下のような対応を取るべきや。
情報公開を徹底し、市民に説明責任を果たす。
業者選定の基準を明確化し、癒着を防ぐ。
業者から提出された見積もり内容を厳しくチェックする。
今回の件は、大阪市の行政運営の杜撰さを露呈した出来事や。市民の信頼を回復するためにも、大阪市は早急に対応策を取るべきや。
ほんま、ええかげんにしてほしいわ。





スポンサーサイト