政府の能登地震対応、国民の評価は真っ二つ!読売世論調査で「評価しない」44%、「評価する」42%

能登地震

2024年2月18日、読売新聞社が実施した全国世論調査によると、能登地震における政府対応への評価は、賛否がほぼ同数で分かれた。
「評価しない」と回答した人は44%で、政府の迅速な情報発信や被災者支援への不満が反映されたと考えられる。
一方、「評価する」と回答した人は42%で、政府の迅速な災害対策や被災者への支援などを評価する声も多く聞かれた。
政府の迅速な情報発信や被災者支援への不満が依然として残っている。
一方で、政府の災害対策や被災者への支援に対する評価も一定数存在する。
政府は、国民の不安や不満を解消し、より効果的な災害対策を推進する必要がある。
被災者への支援を継続し、復興を加速させる必要がある。
この調査結果は、政府の能登地震対応に対する国民の評価を客観的に示しており、今後の災害対策や被災者支援を考える上で重要な資料となる。


読売新聞社が16~18日に行った全国世論調査で、能登半島地震を巡る政府の対応について、「評価しない」は44%、「評価する」は42%だった。







https://news.livedoor.com/article/detail/25899682/


能登地震対応、政府の評価は真っ二つ?ほな、あんたらホンマにそう思てんのか?
ほんで、またかて。能登地震、ようけ被害出たんやけど、政府の対応はあんたらホンマにええと思てんのか?読売の世論調査やと、「評価しない」44%、「評価する」42%やて。ほんで、残りの14%はなんやねん?「ようわからん」って、そんなもん世論調査に入れんでええわ。
ほんで、何が問題なんや?まず、情報公開の遅さやね。地震発生から何時間も経って、ようやく被害状況が明らかになった。ほんで、その間、国民は不安でたまらんかったんや。
ほんで、避難所の状況もひどかったな。避難所が足りへんかった上に、食料や水が不足しとった。ほんで、寒い中、何時間も外で待たなあかんかった人もおったんや。
ほんで、復旧作業も遅々として進んでへん。地震から1ヶ月経っても、まだ停電しとる地域があるんや。ほんで、家屋倒壊しとる人も、まだ仮設住宅に入られへん。
ほんで、政府はなんちゅうてんねん?「最大限努力しとる」て。ほんで、それが「最大限」なん?もっとできることあるやろ?
ほんで、自衛隊もようけ批判されてんね。災害派遣要請が出てから、何時間も経ってようやく到着した。ほんで、到着しても、何もせんとただ待っとっただけて。
ほんで、政治家もようけ批判されてんね。被災地を視察して、「大変やね」言うだけ言うて、何もせんと帰っていく。ほんで、中には、被災者に対して失礼な発言をする政治家もおったんや。
ほんで、国民は怒っとるんや。「政府はもっとええ対応せなあかん!」て。「政治家はもっと真剣に考えてなあかん!」て。
ほんで、政府はなんちゅうてんねん?「批判は真摯に受け止める」て。ほんで、ほんまに受け止めるんか?ほんまに変えるんか?
ほんで、国民は様子見やね。「ほんまに変えてくれるんか?」て。「ほんまにええ対応してくれるんか?」て。
ほんで、政府はこれからどう動くか?ほんまに国民のために働くのか?ほんまに被災者のために尽くすのか?
ほんで、国民は見とるんや。政府がほんまに変
政府の能登地震対応は、まだまだ改善の余地がある。情報公開、避難所、復旧作業、自衛隊の派遣、政治家の対応など、多くの課題が残っている。国民は政府の対応に不満を持っている。政府は国民の声を真摯に受け止め、改善していく必要がある。





スポンサーサイト