藤沢市長選:30%台低迷脱却も、過去最低から2番目!市民の関心は?

バーカ、バーカ

2024年2月18日に行われた藤沢市長選挙の投票率は34.69%となり、2012年市長選以来初めて30%台を回復しました。しかし、前回2018年の31.74%からは微増にとどまり、過去2番目に低い投票率となりました。
今回の市長選は、現職と2人の新人の計3人が立候補。4期目の当選を目指す現職が再選を果たしました。
投票率の低迷は、市民の政治への関心の低さを示すものとして、深刻な課題となっています。今回の微増は、候補者間の争点が明確だったことや、期日前投票の増加などが要因として考えられますが、依然として低い水準であることは否めません。
今後の課題は、市民が選挙に関心を持ち、積極的に投票に参加できるような環境づくりをどのようにしていくのかが問われます。
なぜ投票率は低いのか?
政治への関心を高めるためにはどうすればよいのか?
市民が選挙に参加しやすい環境とは?


任期満了に伴う神奈川県藤沢市長選は18日、投開票が行われ、投票率は前回(2020年)市長選の29・27%を5・42ポイント上回る34・69%で、12年の市長選以来となる30%台を回復した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25899758/


藤沢市長選:30%台低迷脱却も、過去最低から2番目!市民の関心は? ほな、藤沢市長選挙の結果、見ましたか?投票率、38.51%やったらしいんですけど、これ、過去最低から2番目って、どないなもんsか?
確かに、前回2020年から7.41%上がって、30%台は脱却したんですけど、40%にも届いてへんし、まだまだ低い言うたら低いんちゃう?
なんでこんなんに投票率が低いねん?
まず、今回の市長選、候補者3人とも、現職の鈴木恒夫氏、元市議の国松誠氏、政治団体代表の相原倫子氏と、知名度が低かったんちゃうかな?
特に、国松氏と相原氏は、藤沢市外ではほとんど知られてへんかったんちゃう?
せやから、市民も「誰が市長になっても一緒や」って、選挙に関心を持つことが出来へんかったんちゃうかな?
3人の候補者の政策も、正直、どれもピンと来へんかったんちゃう?
子育て支援や教育改革、防災対策、経済活性化…どれもええこと書いてるんやけど、具体的に何をするのか、どのくらいお金をかけるのか、全然見えてへんかったんちゃう?
せやから、市民も「誰が市長になっても、何も変わらん」って、選挙に関心を持つことが出来へんかったんちゃうかな?
最近は、若い世代を中心に、選挙に行くことに対する関心が低くなってるんちゃうかな?
「自分の1票で何も変わらん」って、諦めてしまってるんちゃうかな?
せやから、今回の市長選でも、若い世代の投票率は、特に低かったんちゃうかな?
今回の市長選、候補者や政策の情報が、あまりにも不足しとったんちゃうかな?
選挙公報も、分かりにくい文章で書かれてて、市民が理解するのは難しかったんちゃうかな?
せやから、市民も「誰が市長になっても一緒や」って、選挙に関心を持つことが出来へんかったんちゃうかな?
どうすればええねん?
藤沢市の未来を担うのは、市民一人ひとりなんやから、もっと選挙に関心を持ってほしいんちゃう?
など、様々な取り組みが必要なんちゃうかな?
せやから、藤沢市も、もっと頑張ってほしいんちゃう?
藤沢市長選、投票率が38.51%やったことは、市民が政治に関心を持ってへん証拠なんちゃうかな?
藤沢市がより良い街になるためには、市民一人ひとりが政治に関心を持って、選挙に行くことが大切なんちゃうかな?
せやから、次回はもっと投票率が上がって、市民の意思が反映される選挙になることを期待してるんちゃう?
以上、藤沢市長選挙の感想でした。





スポンサーサイト