日ウクライナ租税条約改正:企業への課税引き下げ見通し!

バーカ

日本とウクライナ間で租税条約改正の共同声明原案が作成され、企業への課税引き下げが検討されています。改正内容は、両国の経済関係強化と投資促進を目的としています。
詳細は共同声明原案及び関係省庁の発表資料を参照。
情報は2024年2月17日時点のものであり、今後変更される可能性があります。


政府が19日に東京都内で開催する「日ウクライナ経済復興推進会議」で、両国が採択する共同声明の原案が明らかになった。



日本とウクライナ間の租税条約改正、企業への課税引き下げ見通し…共同声明原案


日ウクライナ租税条約改正:企業への課税引き下げ見通し! ほんで、何がええねん?
ほな、ようやっと日ウクライナ租税条約改正っちゅう話が出てきたんやけど、ようやっとかよ! ほんで、企業への課税引き下げ見通しっちゅうねんけど、ほんまにええことなんかな? まぁ、ええところも悪いところもあんねやけど、ワシ的には、ちょっと不安の方が大きいわ。
まず、ええところから言うと、企業の負担が減るってのは大きいよな。今までは、ウクライナで稼いだ利益に対して二重課税されてたんやけど、それがなくなるんやから、企業にとっては助かるわな。特に、ウクライナに進出してる企業にとっては、大きなメリットになると思うわ。
ほんで、もう一つのええところは、投資の活性化につながるって点やな。企業の負担が減れば、投資も増えるってのは当然の話やから、ウクライナ経済にとってもプラスになると思うわ。
まぁ、ええところばっかりやないねんけどな。まず、一番の問題点は、税収が減るって点やな。企業への課税が引き下げられれば、当然、政府の税収も減るわけや。ほんで、その穴埋めはどうするねん? 国民の負担を増やすんか? それとも、財政出削減するんか? どっちにしても、国民にとってはええ話やないわな。
ほんで、もう一つの問題点は、租税回避の抜け穴になるって点やな。今までは、ウクライナで法人税を低く抑えるために、租税回避の手口がいろいろ使われてたんやけど、それがさらに増える可能性があるわな。
ほんで、結局、今回の改正は、企業にとってはええ話かもしれんけど、国民にとっては必ずしもええ話やないってことになるわな。政府は、税収減の穴埋めをどうするのか、租税回避を防ぐためにどうするのか、ちゃんと説明責任を果たさんといかんわ。
ほんで、ワシ的には、今回の改正は慎重に判断すべきやと思うわ。メリットとデメリットをよく考えて、国民にとって本当にええ話なのかどうか、しっかり議論する必要があるわ。
政府は、改正のメリットとデメリットについて、国民に丁寧に説明する必要がある。
租税回避を防ぐための対策を講じる必要がある。
改正の効果を検証する必要がある。
今回の改正は、企業にとってはええ話かもしれんけど、国民にとっては必ずしもええ話やないってことになるわな。政府は、国民の意見をよく聞いて、慎重に判断すべきやと思うわ。





スポンサーサイト