藤沢市長選挙: 現職と新人の三つ巴! まちづくり、子育て、多選… 争点は?

なんでや

2月18日投開票 の藤沢市長選挙は、現職の鈴木恒夫氏と新人2氏による三つ巴の戦いが予想されています。
などが焦点となる見込みです。
現職の鈴木氏 は、湘南藤沢オーパや江ノ島アイランドスパなど、大型商業施設の誘致や湘南藤沢オーパの建て替えを含む藤沢駅周辺の再開発を推進。子育て支援では、無償化の対象拡大を掲げています。
新人の国松誠氏 は、元県議会議員。多選問題を批判し、市政刷新を訴えています。子育て支援では、待機児童問題の解消や、小中学校の給食費無償化を主張。
もう一人の新人、相原倫子氏 は、政治団体代表。防災対策や介護制度の充実を訴え、市民参加型の市政を目指します。
注目 は、現職と新人の間でどのような論戦が繰り広げられるのか。 特に、多選問題や大型商業施設の誘致によるまちづくりの是非、子育て支援の具体策などが焦点となるでしょう。
前回2020年の市長選挙は、投票率が29.27%と低調でした。 今回も低投票率が予想される中、どの候補者 が有権者の支持を集め、藤沢の未来を担うのか注目されます。


任期満了に伴う藤沢市長選は18日、投開票される。いずれも無所属で届け出順に、新人で元県議の国松誠氏(62)、新人で政治団体代表の相原倫子氏(63)、現職で4選を目指す鈴木恒夫氏(74)の3人が立候補している。







https://news.livedoor.com/article/detail/25892134/


藤沢市長選挙: 現職と新人の三つ巴! まちづくり、子育て、多選… 争点は?
ほな、藤沢市長選挙の話やけど、現職の鈴木恒夫氏と新人2人の三つ巴って、なかなか面白い構図やな。
まず、現職の鈴木氏。3期12年やってきて、実績は確かに豊富や。湘南藤沢オーパや江ノ島周辺の再開発、湘南工科大学誘致なんかもあったし、人口増加も実現しとる。
でも、12年も市長やってると、マンネリ化やなあなあ主義が生まれるのも事実。多選批判も出てるし、市民の意識も変わってきてるんやないかな。
次に、新人の国松誠氏。元県議で、自民党の県連会長も務めたベテランや。実績は申し分ないんやけど、いかんせん高齢なのが気になる。70歳を超えてて、体力面も不安やな。
もう一人の新人、相原倫子氏は、政治団体代表の女性。子育て支援や教育改革に力を入れてて、若い世代や女性からの支持を集めてる。
ただ、政治経験は浅いし、具体的な政策はまだ見えてへん。実績がない分、実現可能性は未知数やな。
で、今回の市長選挙の争点やけど、大きく3つあると思う。
1つ目は、まちづくり。藤沢駅周辺の再開発や湘南藤沢オーパの跡地利用、江ノ島の環境問題なんかが課題や。
2つ目は、子育て支援。待機児童問題や教育改革、放課後対策なんかも重要やな。
3つ目は、多選問題。12年も市長やってると、どうしてもマンネリ化やなあなあ主義が生まれる。
この3つの争点に対して、各候補者とも独自のアピールポイントがある。
鈴木氏は、実績と経験を強調。国松氏は、県議時代の経験を生かした政策立案を訴え。相原氏は、子育て支援や教育改革に力を入れると表明しとる。
誰が勝つかは、まだわからん。市民の投票によって決まるんやけど、投票率が低かったら意味ない。
藤沢に住んでる人は、ぜひ投票に行ってほしい。自分たちの街の未来を左右する選挙なんやから。
せやけど、投票する前に、各候補者の政策をしっかり調べて、誰が一番ええか判断せなあかん。
候補者のホームページを見たり、街頭演説を聞いたり、公開討論会に参加したりして、政策を比較検討せなあかん。
せやないと、後悔することになるで。
ほんま、藤沢市長選挙は、誰が勝ってもおかしくない。誰が藤沢をリードしていくのか、注目やね。
ほんで、最後に一つだけ言いたい。
藤沢市長選挙は、藤沢に住んでる人だけが投票できるんやけど、藤沢に住んでなくても、藤沢の未来に関心がある人は、ぜひ選挙結果を注視してほしい。
藤沢市長選挙の結果は、他の自治体の選挙にも影響を与える可能性があるんや。
ほな、また。





スポンサーサイト