自民党、政治刷新へ本腰?WG初会合で連座制導入は慎重に議論

バーカ、バーカ

自民党の政治刷新本部ワーキンググループ(WG)が13日、初会合を開いた。政治資金問題で揺れる同党にとって、政治刷新への期待は高まっている。しかし、焦点の一つである連座制導入については慎重な議論が予想される。
連座制導入:党員が政治資金問題を起こした場合、所属する派閥全体に責任を問う制度。倫理意識の向上に効果があると期待される一方、派閥の結束を弱め、党運営に支障をきたす可能性も指摘されている。
政治資金規正法の改正:政治資金の透明性確保に向けた法改正も議論される見込み。具体的には、収支報告書の電子化や、寄付者情報の公開範囲拡大などが検討される。
党員の倫理教育強化:政治倫理に関する研修や啓発活動の充実も課題。党員一人ひとりの意識改革が求められる。
WGは今後、定期的に会合を開き、具体的な改革案をまとめる。しかし、連座制導入など党内意見が分かれる問題については、結論を出すまでに時間がかかる可能性もある。
自民党は過去にも政治刷新を掲げてきたが、具体的な成果は限定的だった。今回のWGも「ポーズに終わるのではないか」との批判も。
連座制導入は、派閥の利害関係が絡み、実現は容易ではない。
政治資金問題の根絶には、党全体の意識改革が不可欠。WGの議論が実効性のある改革につながるかどうかが問われる。
WGの議論の進展や、具体的な改革案の内容に注目が集まる。自民党が真に政治刷新を実現できるかどうか、国民の目は厳しい。




https://news.livedoor.com/article/detail/25871481/


自民党の政治刷新、ほんまもんか?WG初会合で連座制導入は慎重に議論?
自民党が政治刷新に向けて動き出したらしい。1月31日に設置された「政治倫理の確立に向けた特設委員会」のワーキンググループ(WG)の初会合で、連座制導入について議論されたんだって。
ほんで、その議論の内容がなんとも微妙で、ほんまに政治刷新する気あるのか疑いたくなるわ。
まず、連座制導入について慎重に議論するって言うてる時点で、やる気あんのかって話や。連座制は、政治家が不祥事を起こしたら、所属する政党全体が責任を取る制度や。ほんまに政治倫理を確立したいなら、真っ先に導入すべき制度やろ。
それを「慎重に議論する」って言うてるのは、導入する気ないんちゃうかって思えてしまうわ。
しかも、WGのメンバーを見ても、政治改革に熱心な議員ばっかりちゃうし、ほんまに改革する気あるのか不安になるわ。
それに、自民党は過去にも政治刷新を掲げて、結局何も変わらなかったことが何度もあった。だから、今回もまた同じなんちゃうかって思ってしまうわ。
ほんまに政治刷新したいなら、連座制を導入するのはもちろんのこと、政治資金の透明化や、議員の資質向上にも取り組むべきや。
具体的には、以下のような改革が必要やと思う。
連座制の導入: 政治家が不祥事を起こしたら、所属する政党全体が責任を取る制度。
政治資金の透明化: 政治資金の流れを透明化し、不正な資金の流れを断つ。
議員の資質向上: 議員の倫理観や知識を高めるための研修制度の充実。
自民党がほんまに政治刷新する気があるなら、これらの改革を速やかに実行すべきや。
そうでなければ、国民はまた自民党に失望するだけや。
連座制導入について慎重に議論するって言うてる時点で、やる気あんのかって話や。
WGのメンバーを見ても、政治改革に熱心な議員ばっかりちゃうし、ほんまに改革する気あるのか不安になるわ。
自民党は過去にも政治刷新を掲げて、結局何も変わらなかったことが何度もあった。だから、今回もまた同じなんちゃうかって思ってしまうわ。
具体的な改革案を提示する。
自民党の過去の実績を批判する。
国民に自民党に期待できないことを訴える。
自民党は過去にも政治刷新を掲げて、結局何も変わらなかった。今回もまた同じことになる可能性が高い。
連座制導入や政治資金の透明化など、具体的な改革を速やかに実行すべき。
国民は自民党に期待せず、政治改革を監視すべき。
自民党がほんまに政治刷新する気があるなら、国民はしっかり監視していく必要がある。
自民党の過去の実績を詳しく批判する。
政治改革の必要性を訴える。
国民に具体的な行動を呼びかける。
自民党は過去にも政治刷新を掲げて、結局何も変わらなかった。具体的には、2014年に設置された「政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特設委員会」では、連座制導入は見送られた。
政治改革は、国民の生活をより良いものにするために必要不可欠である。政治家は国民のために働くべきであり、不祥事を起こすような人間は議員としてふさわしくない。
国民は、自民党の動きを注視し、政治改革を求める声を上げ続けるべきである。選挙で自民党に投票しないことも、政治改革を促す有効な手段である。





スポンサーサイト