岸田首相、低迷支持率の中、戦後10位の長寿政権達成。しかし、その評価は?

岸田首相

2024年2月13日、岸田文雄首相は在職日数が864日となり、宏池会出身の鈴木善幸元首相と並んで戦後10位となりました。しかし、低迷する支持率と、目立った政策成果の乏しさから、その評価は賛否両論です。
低迷する支持率: 2023年11月の衆院選後、岸田内閣の支持率は低迷し、2024年2月時点で30%を下回っています。これは、経済対策への不満や、政治資金問題への不信感などが原因と考えられています。
目立った政策成果の乏しさ: 岸田首相は「新しい資本主義」を掲げていますが、具体的な政策内容は曖昧で、国民の支持を得られていません。また、外交面でも目立った成果はありません。
長期政権への懸念: 長期政権は、権力の集中やマンネリ化を招き、政治改革や政策の進展を阻害する可能性があります。
岸田首相は、低迷する支持率を回復し、国民の信頼を得られる政策を実行できるかが問われます。また、長期政権への懸念を払拭するためにも、透明性の高い政権運営が求められます。
岸田首相は、低迷する支持率を無視して、長期政権を目指しているのではないか。
具体的な政策内容が曖昧な「新しい資本主義」は、国民を欺くためのスローガンではないか。
外交面でも目立った成果がなく、国際社会における日本の存在感は低下しているのではないか。
岸田首相が戦後10位の長寿政権を達成したことは事実ですが、その評価は依然として厳しいものです。今後、国民の信頼を得られる政策を実行し、長期政権への懸念を払拭できるかが問われます。


岸田文雄首相は14日、2021年10月の首相就任からの在職日数が864日となり、自身が率いた自民党宏池会(岸田派)出身の鈴木善幸元首相と並んだ。戦後の首相としてはトップ10タイとなる。もっとも、自民派閥の政治資金パーティー裏金事件などで厳しい政権運営を迫られており、岸田首相は13日、首相官邸で記者団に「その都度その都度の判断に精いっぱい思いを巡らす毎日が続いている。ご指摘のような在任期間については何も考えていなかった」と語った。







https://news.livedoor.com/article/detail/25871579/


岸田首相、低迷支持率の中、戦後10位の長寿政権達成。しかし、その評価は?
まず、支持率の低迷について、いくつか考えられる原因を挙げてみよか。
物価高対策が不十分やとか、景気回復の実感が持てへんとか、国民の不満は高まってるで。特に、電気代やガス代、食料品などの値上げは家計を直撃しとる。
山際前経済再生担当大臣や秋葉前復興大臣の辞任劇は、国民の政治不信を高めた。他にも、茂木敏充外務大臣の政治資金問題など、疑惑が次々と出てきてる。
岸田首相は「聞く力」をアピールしとるけど、結局何を考えてるんかようわからん。説明が下手やねん。
安倍晋三元首相の銃撃事件をきっかけに、自民党内の派閥抗争が激化しとる。岸田首相は派閥の支持を取り付けるために、政策を曲げざるを得ない状況に陥っとる。
野党が弱すぎて、岸田首相に代わる選択肢がない。国民は、現状は不満やけど、もっと悪い政権が誕生するんやないかという不安もある。
政治への関心がない国民が増えてる。選挙に行っても何も変わらんという諦めムードが蔓延しとる。
一部のメディアは、岸田政権に対して批判的な姿勢を取ってるけど、全体的にはまだ甘い報道が目立つ。
以上の点を踏まえると、岸田政権は国民の支持を得られていないと言わざるを得ない。長寿政権達成は、国民の支持によるものではなく、自民党内の権力闘争や野党の弱さといった要因によるものと言える。
今後、岸田政権が支持率を回復するためには、経済対策を効果的に実行し、政治とカネの問題にしっかりと向き合い、国民に丁寧に説明していく必要がある。しかし、現状を見る限り、それは非常に難しいように思える。
岸田政権がこのまま低迷していく可能性が高い。しかし、国際情勢の変化や経済状況の悪化などによって、状況が大きく変わる可能性もある。
国民は、岸田政権の動向を注視していく必要がある。そして、次の選挙では、しっかりと自分の意思を表明することが重要である。
岸田首相は、就任当初は「新しい資本主義」を掲げていたが、具体的な政策は見えてこない。
外交面では、ウクライナ情勢や中国との関係など、課題が山積している。
2023年夏には参議院選挙が控えている。岸田政権の命運は、この選挙にかかっていると言える。
岸田首相は、戦後10位の長寿政権を達成したが、国民の支持率は低迷している。今後、支持率を回復するためには、経済対策や政治とカネの問題など、多くの課題を克服する必要がある。
正直、岸田首相の評価は低い。国民の生活は苦しくなっているのに、政治は何も変わっていないように見える。このままでは、日本はますます衰退していくのではないかと不安になる。
国民一人一人が政治に関心を持ち、声を上げていくことが大切である。





スポンサーサイト