長く寝れば寝るほど早死にする?睡眠研究の医学博士が警鐘を鳴らす!

バーカ、バーカ

あなたは睡眠時間と寿命の関係について考えたことがありますか? 一般的には、睡眠不足は健康に悪影響を及ぼすと言われていますが、実は「長く寝る人ほど早死にする」という研究結果も存在するのです。
この驚くべき事実について、3代に渡って睡眠研究を続けてきた医学博士が警鐘を鳴らしています。本書では、豊富なデータに基づき、「長く寝る人」が早死にするリスクを高めるメカニズムを詳しく解説します。
睡眠時間の長い人、睡眠の質が悪い人必見! 本書では、健康寿命を延ばすための最適な睡眠時間と質を高めるための方法についても詳しくアドバイスします。
睡眠は誰にとっても欠かせないものです。 本書を読むことで、睡眠に関する誤解を解き、健康と長寿のための正しい睡眠習慣を身につけることができます。
批判的な読者のあなたも、本書の内容にきっと驚かされることでしょう。ぜひ本書を手にとって、睡眠の真実を知ってください。


※本稿は、遠藤拓郎『75歳までに身につけたいシニアのための7つの睡眠習慣』(横浜タイガ出版)の一部を再編集したものです。



















https://news.livedoor.com/topics/detail/25864837/


長く寝れば寝るほど早死にする?睡眠研究の医学博士が警鐘を鳴らす! - 批判的関西弁レビュー
まず、この研究、10万人を対象にした大規模調査らしいねんけど、よう考えたら、睡眠時間以外も、食生活、運動習慣、ストレスレベルとか、死ぬ可能性に影響を与える要素は山ほどあるわな。
ほんまに睡眠時間だけが原因で早死にになるんか?ほかの要素は考慮してんの?って疑問が残るわ。
それに、この研究では、睡眠時間が7時間よりも長い人は早死にするリスクが24%上昇って書いてるけど、7時間って、厚生労働省が推奨してる睡眠時間やねん。
ほんで、この研究では、睡眠時間が8時間以上になると、早死にするリスクがさらに21%上昇って書いてるねんけど、8時間睡眠って、多くの人が普通にしてる睡眠時間やねん。
それに、この研究では、睡眠時間が10時間以上になると、早死にするリスクが30%上昇って書いてるねんけど、10時間睡眠って、寝坊してしもうたレベルやねん。
まぁ、睡眠時間が極端に長いのは体にええわけないわな。
寝過ぎると、集中力が低下したり、気分が落ち込んだり、糖尿病や心臓病のリスクが上がったりするって研究もあるわ。
でも、だからといって、睡眠時間が長いほど早死にするって結論を出すのは早計すぎるわ。
もっと、いろんな研究結果を踏まえて、総合的に判断せなあかんよ。
それに、睡眠時間は人それぞれちゃうねん。
人によって、必要な睡眠時間は違うんやから、一概に「長く寝たら早死にする」って言うのはおかしいわ。
自分の体調や生活スタイルに合わせて、適切な睡眠時間を確保するのが一番大事やねん。
結局、この研究は、睡眠時間が長すぎるのは体にええわけないってことを教えてくれてるんやけど、だからといって、睡眠時間が長いほど早死にするって結論を出すのは早計すぎるわ。
もっと、いろんな研究結果を踏まえて、総合的に判断せなあかんよ。
この研究は、睡眠時間だけが早死にする原因かどうかを明確に示していない。
厚生労働省が推奨する7時間の睡眠でも、早死にするリスクが上がるとしている。
多くの人が普通にする8時間の睡眠でも、早死にするリスクが上がるとしている。
睡眠時間は人それぞれ違うので、一概に「長く寝たら早死にする」とは言えない。
睡眠時間は健康にとって重要な要素の一つであることは間違いない。しかし、この研究結果だけで、「長く寝れば寝るほど早死にする」と結論付けるのは早計である。
自分の体調や生活スタイルに合わせて、適切な睡眠時間を確保することが一番大事である。
ほんま、睡眠って難しいわな。
寝過ぎてもあかんし、寝不足でもあかんし。
せめて、気持ちよく寝られる環境を整えたいもんなぁ。
ほな、また。





スポンサーサイト