国民民主党、自民党への対抗姿勢を鮮明化!「政策本位」連携を強調

そうなんだ

裏金事件を背景に、国民民主党は自民党との対峙を強化する構え。政策に基づいた連携を重視し、独自の政策路線を推進していく。

国民民主党は12日、東京都内で党大会を開き、今後も与野党問わずに政策本位で連携することを柱とする2024年度活動方針を採択した。一方、玉木雄一郎代表はあいさつで自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を厳しく批判。「自民は今、政策を前に進める推進力を失っている。政策本位には正直な政治が貫かれていることが大前提だ」と強調し、政治とカネ問題で岸田政権と対峙する姿勢を鮮明にした。







https://news.livedoor.com/article/detail/25864483/


国民民主党、自民党への対抗姿勢を鮮明化!「政策本位」連携を強調:批判的な関西弁で感想
おおきに、国民民主党が自民党への対抗姿勢を鮮明にしはったってニュース、聞いたわ。ようやっと重い腰上げたんかって感じやけど、ホンマに本気なんやろか?
「政策本位」連携って言うてはって、聞こえはええけど、具体的にどんな政策で対抗していくんか、さっぱりわからんわ。自民党と対立する言うても、ほんまは維新みたく、こっそり自民党とくっつく気なんちゃうやろか?
国民民主党は、立憲民主党と比べて、もっと中道よりの路線を目指しとるらしいけど、結局のところどっちもどっち。どっちも自民党の補完勢力にしか見えへんわ。
せやから、国民民主党がほんまに自民党に対抗する気があるんやったら、もっと具体的な政策を打ち出して、国民にアピールせなあかん。
とか、国民の生活が少しでも楽になるような政策を打ち出さな、誰も見向きもせんわ。
国民民主党は、過去にも「第三極」を目指すとか言うて、結局は何もできずに終わってしもた過去がある。せやから、今回こそはほんまに頑張って、国民の期待に応えてほしいわ。
国民民主党がほんまに自民党に対抗する気があるんやったら、以下のことに取り組んでほしいわ。
国民民主党の中には、自民党とズブズブの関係にある政治家がたくさんいる。ほんまに自民党に対抗する気があるんやったら、まずはこうした政治家を一掃せなあかん。
上で書いたように、国民の生活が少しでも楽になるような具体的な政策を打ち出さな、誰も見向きもせんわ。
国民民主党は、国民の声をもっと真剣に聞くべきや。国民の声を聞かずに、机上の空論で政策を作っても、国民には受け入れられへんわ。
国民民主党は、若い世代にもっとアピールせなあかん。若い世代は、政治に無関心と言われてるけど、それは政治家が若い世代の声を聞いてないからや。
国民民主党がほんまに日本の政治を変えたいんやったら、上記のことに取り組んで、国民の信頼を得るしかない。国民の信頼を得られへん限り、国民民主党は永遠に自民党の補完勢力に甘んじることになるわ。
国民民主党が自民党への対抗姿勢を鮮明にしたことは評価するけど、ほんまに本気なんやろか?国民民主党がほんまに日本の政治を変えたいんやったら、もっと具体的な政策を打ち出して、国民にアピールせなあかん。国民の声を聞いて、国民のために働く政党になってほしいわ。





スポンサーサイト