藤沢市長選:現職3期12年の壁に挑む2人の新人!市民が求める変化とは?

バーカ、バーカ

2月11日告示された藤沢市長選挙は、現職の鈴木恒夫氏(74)と新人2人の計3人が立候補し、3期12年の現市政への評価が主な争点となっています。
現職の鈴木氏は、湘南藤沢オーパや湘南藤沢徳洲会病院の建設、湘南江ノ島駅周辺の再開発など、積極的な施策を展開してきました。一方、「情報公開が不十分」「市民の声が反映されていない」といった批判も根強く、現市政の是非が問われる選挙戦となっています。
新人の国松誠氏は、元県議会議員で、子育て支援や防災対策、湘南藤沢オーパの建て替え問題などに取り組むとしています。相原倫子氏は、市民団体代表で、子どもの貧困対策や環境問題、ジェンダー平等社会の実現などを訴えています。
投票は2月18日に行われ、即日開票されます。市民はどのような藤沢の未来を選択するのでしょうか?


任期満了に伴う神奈川県・藤沢市長選が11日告示され、届け出順にいずれも無所属で、新人で元県議の国松誠氏(62)、新人で政治団体代表の相原倫子氏(63)、現職で4選を目指す鈴木恒夫氏(74)の3人が立候補した。18日に投開票される。







https://news.livedoor.com/article/detail/25861277/


藤沢市長選:現職3期12年の壁に挑む2人の新人!市民が求める変化とは?
ほな、藤沢市長選挙の話やねんけど、現職の鈴木恒夫氏が3期12年目って、どんだけ長いねん!もうええ加減、飽き飽きしてきたわ。そんで、今回2人の新人候補が立候補してるんやけど、ホンマに期待できるんかいな?
まず、元県議会議員の国松誠氏。政策はええこと書いてるんやけど、具体的にどう実現するんか、ホンマにできるんか、いまいちピンと来へん。特に、小中学校給食の無償化とか、財源大丈夫なんか?そんで、ボール遊びができる公園の整備とか、場所確保できるんか?
もう一人の新人は、市民団体代表の相原倫子氏。女性初の市長って、それはそれでええねんけど、政治経験がないんは不安やわ。政策も、なんか抽象的で、ホンマに実行できるんか疑問や。特に、待機児童問題の解決とか、子育て支援の充実とか、具体的なプランが見えてこん。
結局、現職の鈴木氏も、2人の新人候補も、ホンマに市民が求める変化を起こせるんか、いまいち確信が持てへん。
せやけど、現状維持も嫌やから、せめて現職と新人候補の政策をしっかり比較して、一番マシな候補者を選ぶしかないわな。
現職の鈴木氏は、実績はあるけど、マンネリ化が否めない。新人候補は、改革を訴えてるけど、実現可能性は未知数。
ホンマに難しい選択やけど、市民一人ひとりがしっかり考えて、投票するしかないわな。
今回の選挙戦は、現職と新人候補の政策の違いが分かりにくい。
候補者による公開討論会や街頭演説がもっと必要。
投票率が低いのが問題。もっと多くの市民に選挙に関心を持ってもらいたい。
誰が市長になっても、市民の意見をしっかり聞いて、藤沢市をより良い方向へ導いていってほしい。





スポンサーサイト