沖縄・うるま市で陸自訓練場整備計画説明会、住民から反対意見続出

炎上2

2024年2月11日、沖縄県うるま市で開催された陸上自衛隊訓練場整備計画説明会では、約300人の住民が参加し、計画に対する反対意見が相次ぎました。
防衛省は、南西シフトに伴う訓練場不足を理由に、ゴルフ場跡地約20ヘクタールを2024年度中に取得し、2026年度の着工を目指しています。しかし、住民からは、騒音や振動による生活環境への悪化、自然環境への破壊、安全性への不安など、計画への懸念が多数寄せられました。
防衛省は、今後も住民説明会を開催し、理解を得られるよう努めるとしていますが、住民の反対は根強く、計画の実現は不透明な状況です。


防衛省は11日、南西諸島の防衛体制強化の一環として沖縄県うるま市に陸上自衛隊の訓練場を新設する計画について、周辺住民向け説明会を開いた。







https://news.livedoor.com/article/detail/25861669/


沖縄・うるま市の陸自訓練場整備計画説明会:住民の反対意見、ほんまもんの怒りや
2024年2月11日、沖縄県うるま市石川のゴルフ場跡地に陸上自衛隊の訓練場を整備する計画に関する説明会が開かれ、約300人の住民が参加した。説明会では、防衛省側から訓練場整備の必要性や安全性などが説明されたが、住民からは「生活環境が脅かされる」「沖縄の負担がさらに増える」など、多くの反対意見が続出した。
防衛省側は、訓練場整備の必要性について、「南西シフト」に伴う自衛隊の増強や、災害時の対応強化などを説明した。また、安全性については、「実弾射撃は行わない」「騒音対策を講じる」などを強調した。
一方、住民からは、訓練場整備による騒音や振動、水質汚染、自然環境の破壊などの懸念が相次いだ。また、「沖縄はすでに米軍基地の負担が大きい」「自衛隊の増強は地域の緊張を高める」といった意見も聞かれた。
説明会では、住民から防衛省側への厳しい質問や批判が続出した。特に、防衛省側が訓練場整備の必要性について十分な説明を尽くしていないことや、住民の意見を軽視しているような態度が見られたことに対する怒りの声が強かった。
今回の説明会は、住民の反対意見が明確に示されたという意味で、大きな意義があったと言えるだろう。今後、防衛省は住民の意見を真摯に受け止め、訓練場整備計画について慎重に検討していく必要がある。
沖縄は昔から、米軍基地の負担を強いられてきた。その上、今度は陸上自衛隊の訓練場まで作ろうって言うんや。沖縄の人たちは、一体なんのために我慢せなあかんのや?
防衛省の言うてること、ほんま信用できへんわ。
「騒音は出ません」「環境に影響はありません」言うてたけど、ほんまかいな? 実際に訓練場ができたら、住民の生活は間違いなく悪くなるやろ。
沖縄の人たちは、これ以上基地の負担を押し付けられるわけにはいかへん。声を上げなあかん時や。
沖縄の陸自訓練場整備計画は、沖縄の未来を左右する重要な問題である。今後、この問題に関心を持つ人が増え、より多くの人が議論に参加していくことが重要である。
防衛省側は、訓練場整備による経済効果について説明したが、住民からは「観光客が減ってしまう」などの懸念が出た。
防衛省側は、訓練場整備によって雇用が創出されるとしているが、住民からは「地元住民が雇用される保証はない」などの意見が出た。
防衛省側は、訓練場整備によって地域の活性化につながると主張しているが、住民からは「住民の意見を無視した活性化はありえない」などの意見が出た。
これらの批判点を踏まえると、防衛省側は、訓練場整備計画についてより詳細な説明を行う必要がある。また、住民の意見を真摯に受け止め、計画に反映していくことが重要である。





スポンサーサイト