熱狂と暴走のアメリカ、諦念と安定の日本。明日があるのはどっち?

バーカ

アメリカは、熱狂と暴走が渦巻く国。
日本は、諦念と安定に包まれた国。
一見、対照的な二つの国に見えるが、どちらも未来への不安を抱えている。
アメリカは、トランプ政権誕生以降、政治的・社会的分断が深まり、社会の分断が進行している。
日本は、少子高齢化、経済停滞など、長年続く問題に解決策が見えず、国民の間に諦念が広がっている。
モーリーはこの二つの国を徹底比較し、現代社会が抱える根本的な問題を鋭く分析する。
本書は、現代社会に生きる私たちに、未来への希望を与える一冊である。
1969年、東京都生まれ。タレント、コメンテーター、作家。
著書に『日本人の論理』(幻冬舎)、『独裁者のメディア論』(講談社)、『思考停止の社会』(SB新書)など多数。
タイトル:熱と暴走のアメリカ、諦念と安定の日本。明日があるのはどっち?


『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、政治へのあきらめが広がる日本社会と、トランプ運動で分断されているアメリカ社会との比較を通じて「日本の明日」を考える。







https://news.livedoor.com/article/detail/25862886/


熱狂と暴走、諦念と安定:どっちが明日を持ってるんや?
まず、アメリカやな。相変わらず熱狂と暴走が止まらへん。まるでジェットコースターに乗ってるみたいや。
トランプ劇場は相変わらず大盛況。支持者たちは熱狂しとるけど、冷静に見たらただの茶番劇や。
銃規制問題も一向に進展せえへん。銃乱射事件は日常茶飯事、まるで西部劇の世界や。
経済格差はますます拡大しとる。富裕層はますます裕福になり、貧困層はますます苦しい生活を送っとる。
人種差別問題も根深い。BLM運動は盛り上がったけど、根本的な解決には程遠い。
確かにアメリカは活力がある国や。夢を追いかける人、新しいことに挑戦する人が多い。しかし、熱狂と暴走の繰り返しでは、いずれ破滅を迎えるんちゃうか?
一方、日本はというと、熱狂も暴走も何もない、ただただ安定志向のぬるま湯状態や。
政治は相変わらず無能。国民の生活は二の次、自分たちの保身のことしか考えてへん。
経済は低迷し続けてる。若者は将来に希望を持てへん。
少子高齢化は加速しとる。このままでは日本は消滅してしまうんちゃうか?
確かに日本は平和で安全な国や。生活も便利で快適や。しかし、諦念と安定に慣れてしまったら、そこから抜け出せへんようになる。ぬるま湯に浸かり続けてたら、いずれ腐ってしまうんちゃうか?
熱狂と暴走のアメリカ、諦念と安定の日本。どっちが明日を持ってるんや?
正直、どっちも先行きは暗いように思える。
どっちの国も、根本的な改革が必要や。
アメリカは、政治の腐敗を正し、銃規制問題や経済格差問題に取り組まなければあかん。日本は、政治の活性化、経済成長、少子高齢化対策など、山積する課題に取り組まなければあかん。
しかし、現状を見る限り、どっちの国も改革を実行できるとは思えん。
熱狂と暴走、諦念と安定。どっちも長続きはせん。
日本もアメリカも、このままぬるま湯に浸かっとったら、いずれ取り残されてしまう。
もっと危機感を持って、未来に向けて進んでいくべきや。





スポンサーサイト