高齢化する住宅団地、民間アイデアで蘇る?コンビニ出店も検討

意味わかんねーよ

高齢化と人口減少に悩む住宅団地再生に、民間企業のアイデアと官民連携の力を取り入れる法改正が検討されています。規制緩和でコンビニ出店も可能となり、「買い物難民」解消も期待されています。しかし、民間主導の再生は本当に住民のニーズに合致するのでしょうか?規制緩和による弊害も懸念されます。
この法改正が画期的なのは、以下の点です。
しかし、以下の点に注意が必要です。
この法改正が、単なる規制緩和ではなく、住民の生活を向上させる真の再生に繋がるのか、批判的な視点が必要です。
以下、詳細な情報を提供します。
この法改正は、日本の住宅政策の転換点となる可能性があります。今後は、官民連携の体制構築や、住民参加型の再生計画策定など、具体的な取り組みが重要になります。


政府が今国会に提出する地域再生法改正案の概要がわかった。







https://news.livedoor.com/article/detail/25856374/


高齢化する住宅団地、民間アイデアで蘇る?コンビニ出店も検討
ほな、高齢化する住宅団地、民間アイデアで蘇るっちゅう話やけど、ほんまかいな?コンビニ出店も検討しとるらしいけど、そないうまくいくとは思われへんねんわ。
まず、一番の問題は、高齢者の方々がコンビニを利用する頻度がそんなに高ないってことやねん。高齢者の方々は、買い物は週に1回とか、せいぜい2回くらいしかしないことが多い。しかも、重い荷物は持ちたくないから、近所のスーパーとか商店街で済ませちゃうことが多いねん。
それに、コンビニって、若い人向けの商品が多いやん。高齢者の方々が求めているような、健康的な食品とか、介護用品とかは、そんなに充実しとらんのやないかな?
まぁ、確かに、団地内にコンビニがあれば、ちょっとした買い物には便利かもしれへん。でも、それだけで団地が蘇るとは思われへんねん。
もっと根本的な問題としては、団地に住んどる高齢者の方々が、外に出るのが億劫になってしまってるってことやねん。買い物以外にも、散歩とか、趣味のサークル活動とか、もっと外に出るきっかけを作ってあげなあかんのやないかな?
コンビニ出店は、ほんの一時しのぎにしかならんと思うわ。
高齢化する住宅団地を蘇らせるためには、民間アイデアも大切やけど、行政ももっと積極的に取り組んでいく必要がある。高齢者の方々の目線に立って、ほんまに必要とされとるサービスを提供していくことが重要やと思うわ。
高齢者の方々のニーズは多様化しとるから、一括りに考えず、個々のニーズに合わせたサービスを提供していく必要がある。
高齢者の方々が、社会から孤立せんで、生き生きと暮らせるように、地域全体で支えていく必要がある。
高齢化社会は、日本だけじゃなくて、世界共通の問題やねん。日本が先駆けて、高齢者の方々が快適に暮らせる社会を作っていけば、世界に誇れるモデルケースになると思うわ。
ほんま、頑張ってほしいわ。





スポンサーサイト