公明党、政治改革で存在感薄し?地方組織から前面に出るよう注文

なんでや

自民党派閥の政治資金問題を受け、山口代表は今国会での政治改革実現に意欲を示す。一方、地方組織からは公明党の存在感が薄いとの指摘も。
山口代表は全国県代表協議会で「今国会で政治改革実現に総力を挙げる」と訴え。
地方幹部からは、公明党の存在感が薄いとして前面に出るよう注文。
政治資金規正法改正や、国会議員歳費削減など具体的な改革案も提示。
公明党は、自民党派閥の政治資金問題を受け、政治改革への意欲を表明。
山口代表は、全国県代表協議会で「国民の政治への信頼を回復するため、今国会で政治改革実現に総力を挙げる」と強調。
一方、地方幹部からは、公明党の存在感が薄いとの指摘があり、前面に出るよう注文。
公明党は、政治資金規正法改正や、国会議員歳費削減など具体的な改革案も提示。
今後、公明党がどのような政治改革を推進していくのか、注目される。
公明党は、政治改革を推進する意欲を示しているが、具体的な政策内容はまだ明示されていない。
地方組織からは、公明党の存在感が薄いとの指摘があり、国民の支持を得られるかどうかは不透明。
政治改革は、国民の信頼回復のために必要不可欠だが、実現には多くの課題がある。
批判的な読者は、公明党の政治改革に対する具体的な政策内容や、実現可能性について疑問を呈するだろう。


公明党の山口那津男代表は10日、国会議員と地方組織幹部を集めた全国県代表協議会で、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けて「今国会で政治改革実現に総力を挙げる」と訴えた。地方幹部からは、公明の存在感が薄いとして前面に出るよう注文が上がった。山口氏は衆院議員任期4年間が残り半分を切ったとして「常在戦場の構えで次期衆院選に臨む」とも呼びかけた。







https://news.livedoor.com/article/detail/25857309/


公明党、政治改革で存在感薄し? 地方組織から前面に出るよう注文 - 批判的な関西弁で感想
ほな、公明党が政治改革で存在感薄いって話やけど、ホンマかいな? まぁ、確かに最近あんま目立たんわな。昔は竹入さんとか、イケイケどんどんやったけど、最近は山口代表も大人しゅうなってきた感があるわ。
そんで地方組織から前面に出るよう注文って、ようするに「もっと目立てや!」ってことやろ? まぁ、気持ちはわかるわな。公明党は連立与党やから、どうしても自民党の影に隠れがちやねん。
でも、公明党は昔から「政治改革」を看板にしてきた政党やで。それが最近、政治改革に関してはあんま声聞かれへんようになったのは、確かに問題やわ。
せやから、もっと前面に出て、もっと声高に政治改革を訴えていくべきやと思うわ。そんで、具体的な政策ももっと出していくべきや。
例えば、政治資金問題とか、選挙制度改革とか、まだまだやらなあかんことは山ほどあるわ。公明党は、そこのところもっと攻めていくべきやと思う。
もちろん、自民党と対立するのは簡単やない。けど、公明党がもっと存在感を発揮せんかったら、日本の政治は何も変わらんわ。
せやから、公明党にはもっと頑張ってほしいわ。もっと国民の声を聞いて、もっと国民のために働いてほしい。
具体的には、以下のようなことをしてほしいと思う。
公明党がこれらの課題に積極的に取り組んでいけば、国民の信頼を得ることができると思う。
以下は、公明党がもっと存在感を発揮するために必要なことについて、さらに詳しく述べたものである。
公明党は、これまでにも街頭演説やアンケート調査などを通じて国民の声を聞いてきた。しかし、もっと積極的に国民の声を聞く必要がある。そのためには、以下の取り組みが必要である。
公明党は、これまでにも生活保護制度の拡充や教育費負担の軽減など、国民生活の向上のための政策を推進してきた。しかし、もっと国民のために働く必要がある。そのためには、以下の取り組みが必要である。
公明党は、連立与党の一員として、自民党と協力して政治を進めてきた。しかし、自民党と対立することも必要である。そのためには、以下のことが必要である。
公明党がこれらのことに取り組んでいけば、国民の信頼を得て、日本の政治をより良い方向へ導くことができると思う。
公明党は、政治改革で存在感を発揮するために、もっと国民の声を聞き、もっと国民のために働き、もっと自民党と対立する必要がある。
公明党がこれらのことに取り組んでいけば、国民の信頼を得て、日本の政治をより良い方向へ導くことができると思う。





スポンサーサイト