沖縄の玉城知事、日米地位協定の抜本的改定を訴える!

意味わかんねーよ

2024年2月10日、沖縄県の玉城デニー知事は東京都内で開催されたシンポジウムにて、日米地位協定の抜本的改定を強く求めました。
玉城知事は、地位協定が沖縄に集中する米軍基地問題の根源であると指摘。米軍基地による事故や事件の調査に日本政府や行政が直接介入できない現状を問題視し、「沖縄だけではなく、日本国の主権の問題だ」と訴えました。
さらに、玉城知事は欧州諸国における米軍基地の運用状況を調査した結果を発表。ドイツや英国、フィリピンでは、自国の法律や規則を米軍にも適用し、航空訓練の規制なども可能であることを明らかにしました。
玉城知事は、今後も全国各地で講演会などを開催し、地位協定の見直しに向けた国民的な議論を喚起していく意向を示しました。
玉城知事の主張は、沖縄の基地負担軽減という地域的な問題にとどまらず、日本全体の主権に関わる問題として論じられています。
欧州諸国との比較は、日米地位協定の不平等性を浮き彫りにし、改定の必要性を客観的に示しています。
玉城知事は全国への訴えを表明しており、今後、地位協定をめぐる議論が活発化する可能性があります。
批判的な読者は、以下の点に注目して読み解くことをお勧めします。


沖縄県の玉城デニー知事は10日、日米地位協定をテーマに東京都内で開かれた県主催のシンポジウムに出席し、「米軍基地問題を解決するには、地位協定の抜本的な見直しが必要だ。政府にしっかりと求めていきたい」と強調した。



地位協定「抜本的改定を」=玉城沖縄知事


沖縄の玉城知事、日米地位協定の抜本的改定を訴える!
ほぉえぇ、沖縄の玉城デニー知事はん、日米地位協定の抜本的改定を訴えてはるんや。まぁ、沖縄の現状見たら、それも当然かて思うわな。
まず、米軍基地の集中度が異常やねん。沖縄県には日本の米軍専用施設の約7割が集中しとって、県土面積の約20%も占めてるんや。これって、日本全国の米軍専用施設の面積の約70%にあたるねん。つまり、沖縄は日本の他の地域よりも、米軍基地の影響を大きく受けとるわけや。
そんで、米軍基地がらみの問題も山積しとるねん。例えば、米兵による事件・事故や、軍用機の騒音、環境汚染、オスプレイの墜落事故なんかもそうや。
特に、米兵による事件・事故は深刻な問題や。近年も、酒気帯び運転による事故や、女性に対する暴行事件なんかも発生しとる。しかも、日米地位協定によって、米兵は日本の法令適用を受けへんから、捜査や裁判にも制限があるんや。これは、沖縄県民の不安をさらに高める要因しとるわな。
さらに、日米地位協定は、日本の主権を侵害しとる部分も否定できへん。例えば、米軍基地の運用について、日本政府はほとんど権限を持ってへんねん。基地の拡張や移設、使用目的の変更なんかも、アメリカ側の意向によって決められとるんや。
これって、おかしいと思わんか?日本は主権国家なんやから、自国の領土にある米軍基地について、もっと発言権を持つべきやねん。
まぁ、玉城知事はんが日米地位協定の抜本的改定を訴えてはるのも、当然の筋道やわな。
ただ、問題は、それが実現できるかどうかやねん。アメリカ側は、地位協定の改定には消極的な姿勢を示しとる。日本政府も、アメリカとの関係を重視して、地位協定の改定には及び腰なんや。
だから、玉城知事はんの訴えが実現するには、沖縄県民だけでなく、日本全国の人々が日米地位協定の問題に関心を持ち、声を上げていく必要があるんや。
せやねん。日米地位協定は、沖縄だけの問題やない。日本の主権と安全保障に関わる重要な問題なんや。
だから、一人一人が問題意識を持って、声を上げていくことが大切なんや。
具体的には、以下の様な行動を取ることが有効やと思うわ。
日米地位協定の問題について、もっと勉強する。
周りの人に問題について知らせる。
政治家に意見を送る。
日米地位協定の改定を求める署名に参加する。
沖縄の平和運動を支援する。
一人一人の小さな行動が、大きな力になるんや。
玉城知事はん、もっと具体的な改定案を示さんかい。抜本的改定って言うても、何を変えたいねん?
日本政府も、もっとアメリカに強く言うべきや。アメリカに遠慮してたら、何も変わらんわ。
沖縄県民も、もっと声を上げなあかん。現状に甘んじてたら、何も変わらんわ。
マスコミも、もっと日米地位協定の問題を取り上げるべきや。もっと世間の関心を高める必要があるわ。
日米地位協定の抜本的改定は、簡単には実現できるものではない。しかし、沖縄県民の苦しみを終わらせるためには、絶対に必要なことや。
一人一人が問題意識を持って、声を上げていくことが大切なんや。
上記はあくまでも一例であり、他にも様々な意見があると思います。
批判的な意見も大切ですが、建設的な意見も合わせて出すことが重要です。
問題解決に向けて、一人一人が何ができるのかを考えることが大切です。





スポンサーサイト