自民党、週明けから政治資金規正法改正へ議論開始!スピード感ある改革に期待と疑問

なんでや

派閥パーティー裏金事件の衝撃が冷めやらぬ中、自民党は週明けから政治資金規正法改正に向けた議論を開始する。松山政司参院幹事長は「スピード感を持って議論を進める」と意気込むが、その真意は?
議論の行方は、今後の政治資金規正法改正の成否だけでなく、国民の政治への信頼にも大きく影響を与える。果たして、自民党は国民の期待に応えられるのか?


自民党の松山政司参院幹事長は10日、派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け党の政治刷新本部の下に設置した政治資金規正法の検討などをする三つの作業部会に関し13日以降に「本格的議論をスタートさせる」と述べた。法改正に向け「スピード感を持って前に進めていく」とも強調した。福岡県筑後市での会合で語った。







https://news.livedoor.com/article/detail/25857986/


自民党、週明けから政治資金規正法改正へ議論開始!スピード感ある改革に期待と疑問:批判的な関西弁で徹底分析
ほな、自民党が週明けから政治資金規正法改正の議論を始めるとか。ほんで、スピード感ある改革に期待と疑問が入り交じっとるっちゅう話や。
まず、このスピード感やけど、正直、ありえへんくらい早すぎるわ。ほんまに国民のこと考えてるんか?
政治資金規正法は、政治資金の透明性や適正化を図るための重要な法律や。そんなもん、ええかげんな議論でサッサと改正するようなもんちゃうやろ。
もっと慎重に、時間をかけて、国民の声をしっかり聞きながら議論を進めるべきや。
ほんで、期待と疑問っちゅう話やけど、期待しとる人はどんだけおるんか知らんけど、少なくとも俺は全く期待しとらん。
自民党はこれまで、政治資金問題でさんざん問題を起こしてきた。
挙げたらキリないわ。
正直、信じられへんわ。
ほんで、今回改正される予定の項目は、以下の通りや。
一見、ええ感じに見えんねんけど、よく見ると、ほんまに意味あんのか?って内容ばっかしや。
例えば、政治資金パーティーの収入・支出の透明化にしても、ほんまに透明化する気があるんやったら、もっと具体的なルールが必要や。
これくらいせなあかんやろ。
自民党は、国民の声を無視して、自分たちの都合で政治資金規正法を改正しようとしてる。
そんなん許されるわけあらへん。
国民は、もっと透明性のある、もっと適正な政治資金制度を求めてる。
自民党は、国民の声をしっかり聞いて、ホンマに国民のための政治資金規正法改正を実現するべきや。
自民党は、政治資金問題でさんざん国民を裏切ってきた。
上記は、あくまでも批判的な関西弁での感想です。
政治資金規正法改正には、様々な意見があります。
賛成意見もあれば、反対意見もあります。
大切なのは、様々な意見を聞いて、自分なりの考えを持つことです。





スポンサーサイト