国民民主党、「トリガー条項」協議離脱! 玉木代表は代表続投表明、野党連携に含みも

意味わかんねーよ

国民民主党は7日、ガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」の凍結解除を巡る自民、公明両党との協議から離脱することを正式に決定しました。玉木雄一郎代表は、5月以降のガソリン価格負担軽減策について早期結論を求めていましたが、協議が進展が見られず、協議打ち切りを決断しました。
国民民主党の主な主張と今後の動き:
トリガー条項凍結解除は国民生活を守るために必要
5月以降の負担軽減策を早期に決定するよう政府に求める
他の野党との連携に含みを残す


国民民主党は7日、国会内で両院議員総会を開き、ガソリン税を一時的に下げる「トリガー条項」凍結解除を巡る自民、公明両党との3党協議から離脱することを正式に決めた。



国民民主党、「トリガー条項」3党協議離脱を正式決定…他の野党との連携に含み


国民民主党、トリガー条項協議離脱はええけど、ほんまに国民のために動いてんのか?

国民民主党がトリガー条項協議から離脱したってニュース、よう見ましたわ。玉木代表は代表続投表明しとるけど、ほんまに国民のために動いてんのか、ちょっと疑問やわ。

まず、トリガー条項協議離脱について。確かに、ガソリン価格の高騰は国民生活に直撃しとるし、政府の対応は遅すぎるわ。国民民主党が声を上げたんはええことやと思う。

けど、問題はその後やね。協議離脱して、それで終わり?国民の声を反映させるためには、もっと具体的な行動が必要ちゃうのか?

例えば、他の野党と協力して、政府にガソリン税減税を提案するとか、世論喚起のためにデモを起こすとか。もっともっと、国民の目線に立った行動をしてほしいわ。

それに、玉木代表の代表続投表明も、ちょっと引っかかるわ。トリガー条項協議で成果が出せなかった責任は、代表にもあるんちゃうのか?

国民民主党は、立憲民主党と比べて存在感が薄いと言われてきた。もっともっと、国民の声を上げられるような、強い野党になってほしいわ。

国民民主党がほんまに国民のために動いてるかどうか、これからも注目していきたいと思いまっせ。

具体的に、国民民主党に求めること

トリガー条項協議離脱だけでなく、具体的な行動で国民の生活を支える

他の野党と協力して、政権交代を目指せるような強い野党になる

国民の声をもっともっと反映させるような政治を行う

国民民主党の今後

国民民主党が今後どのような行動を取っていくのか、注目が集まっています。国民の声を上げられるような、強い野党になってくれることを期待しています。

その他

国民民主党は、もっともっと政策をアピールしていく必要がある

若い世代にもっともっと支持されるような党になる必要がある

メディアへの露出を増やす必要がある

まとめ

国民民主党は、まだまだ課題が多い党です。しかし、国民のためにしっかりと働いてくれることを期待しています。





スポンサーサイト