国民民主党、トリガー条項協議を離脱! 玉木代表「国民の声届かず」

与党議員

ガソリン高騰対策をめぐる与党協議から、国民民主党が離脱を表明! 玉木雄一郎代表は「国民の声が全く届かない状況」と批判し、政府の対応に強い不満を表明しました。
国民民主党は、トリガー条項の凍結解除を早期に実現するよう求めてきましたが、岸田政権は具体的な検討時期を明言せず。 国民生活への影響を軽視する姿勢に、玉木代表は「国民の声を無視する政権とは協議できない」と断念しました。
離脱表明は、岸田政権へのさらなる逆風となる可能性。 国民民主党は独自案を提出し、ガソリン高騰対策を加速させます。


政府の検討時期の明言なし
国民生活への影響軽視

ガソリン税減税
財源確保策

国民民主党の離脱で、トリガー条項の凍結解除はさらに難航
国民民主党は独自のガソリン高騰対策を推進


国民民主党の玉木代表は、ガソリン税を引き下げる「トリガー条項」の凍結の解除を求め、自民・公明両党と行っていた協議から離脱する考えを表明しました。ガソリン税のトリガー条項は、ガソリン価格が高騰した際に税率を引き下げるものですが、東日本大震災の復興財源を確保するため、現在は凍結されています。ガソリン価格の高騰を受け、国民民主党はトリガー条項の凍結解除を求め、自民、公明、国民民主党の3党で協議していましたが、進展していませんでした。









国民民主党の玉木代表は6日、衆議院予算委員会の審議で岸田総理大臣に対し改めて凍結を解除するよう求めましたが、岸田総理は検討する考えを示すにとどめました。審議の後、玉木代表は次のように述べました。国民民主党・玉木代表「きょう、(トリガー条項の凍結解除を)やるという、総理からの明確な答弁はいただけませんでした。トリガーの発動のメドがないのであれば、もうこれ以上協議を継続することには意味がないと思います。国民民主党として、協議の離脱を決断せざるを得ないと思います」玉木代表は、「ガソリンの値下げを実現したいと思ってやってきたが、極めて残念だ」と悔しさをにじませました。その上で、「この結果にどう責任をとるのか党内で相談したい」と述べました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25833376/


国民の声届かず?ほんで、あんたら何すんの?

国民民主党がトリガー条項協議から離脱したらしいな。玉木代表は「国民の声が届かず」ってほざいてるけど、ほんまかて?国民の声って、ほんまにトリガー条項反対なん?それとも、もっと別の声なんちゃうの?

まず、トリガー条項って何やねんって話から始めようか。ようするに、消費税増税を凍結するための仕組みやねんけど、自民党は「景気が悪い時は増税凍結、景気が良くなったら増税」って言うてる。ほんで、その景気の判断基準がトリガー条項やねん。

国民民主党は、このトリガー条項の協議から離脱した。理由は、自民党が示したトリガー条項の基準が「国民の声を反映していない」って主張してる。ほんで、国民の声はほんまにトリガー条項反対なん?

いやいや、ちゃうやろ。国民の声はもっと複雑やねん。増税反対は当然あるけど、それ以上に政治への不信感や不安の方が大きいんちゃうの?国民は、政治家が自分たちの声に耳を傾けてないって不満を持ってるねん。

国民民主党は、その国民の声を本当に理解してるんか?トリガー条項協議から離脱しただけで、国民の声を反映したことになるんか?国民は、あんたらに何をしてほしいねん?

もっと具体的な政策を提案せなあかんやろ。トリガー条項反対だけじゃ、何も変わらん。国民は、もっと生活が楽になるような政策を求めてるねん。

例えば、最低賃金の引き上げとか、子育て支援とか、教育費の無償化とか。国民民主党は、そういう政策を具体的に提案してるんか?

国民の声を無視して、自分たちの勝手な都合で行動する政治家はいらん。国民民主党は、もっと国民の声に耳を傾け、具体的な政策を提案すべきやねん。

ほんで、もう一つ言いたいことがある。国民民主党は、立憲民主党との連携をどう考えてるねん?

今、政治は非常に厳しい状況にある。岸田政権は支持率低迷で、国民の信頼を失ってる。在情况下,反党は力を合わせて政権交代を目指すべきやねん。

国民民主党は、立憲民主党と協力して、国民の声を反映した政治を実現するべきやねん。

国民民主党の今後の行動に注目したい。国民の声を無視して、自分たちの勝手な都合で行動するような政党には、未来はない。国民の声を真摯に受け止め、具体的な政策を提案する政党だけが、国民の信頼を得ることができるんや。

まとめ

国民民主党はトリガー条項協議から離脱したが、国民の声を反映しているとは言えない。

国民は増税反対だけでなく、政治への不信感や不安の方が大きい。

国民民主党は、トリガー条項反対だけでなく、具体的な政策を提案すべき。

国民民主党は、立憲民主党との連携を強化し、政権交代を目指すべき。

最後に

国民民主党には、国民の声を真摯に受け止め、具体的な政策を提案し、国民の信頼を得られるような政党になってほしい。





スポンサーサイト