国民民主、トリガー協議離脱! 高騰するガソリン価格、国民の声届かず?

炎上3

国民民主党は、ガソリン税の一部を減税するトリガー条項の凍結解除を巡る協議から離脱を表明しました。 玉木代表は、政府が具体的な検討時期を示さないことに業を煮やした格好です。
一方、岸田首相は、衆議院予算委員会でトリガー条項の発動について明言を避ける など、国民の不満は高まるばかり。
国民の声を無視してまで、政府は何を守ろうとしているのか? 国民民主党の離脱は、政権への大きな痛手となるのか?


国民民主党の玉木雄一郎代表は6日、原油高対策としてガソリン税を一時的に引き下げる「トリガー条項」をめぐる自民、公明、国民民主による3党協議から離脱すると表明した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25833835/


国民民主党、トリガー条項協議離脱! ガソリン価格高騰、国民の声は届かへんのか?

ほな、国民民主党がトリガー条項の協議から離脱したらしいな。ほんま、ええ加減にしてくれよな。国民の声はどこ吹っ飛んだんや?

ガソリン価格、もうええかげん頭おかしいくらい上がり続けてるやろ。生活苦で困ってる人、どんだけおんねん。ほんま、国民のこと考えてんのか?

トリガー条項は、ガソリン価格の高騰を抑えるために設けられた制度や。それを離脱するって、どういうことやねん。国民民主党は、国民の苦しみを無視して、自分たちの利益だけを守ろうとしてるんちゃうか?

枝野代表は、「政府が具体的な対策を示さない限り、協議には応じない」ってほざいてるけど、具体的な対策って、何やねん。国民は、具体的な対策じゃなくて、今すぐガソリン価格を下げてほしいと思ってるんや。

国民民主党は、もっと国民の声に耳を傾けんといかん。国民の声を無視して、自分たちの勝手な行動ばかりしとったら、いずれ国民に見捨てられるで。

ほんま、ええかげんにしてくれよな。

国民民主党の離脱の理由について

政府が具体的な対策を示していない

トリガー条項は、ガソリン価格の高騰を抑える効果が限定的

トリガー条項の発動は、財源確保が課題

しかし、これらの理由はいずれも説得力に欠ける。

まず、政府が具体的な対策を示していないという理由だが、政府はすでに、ガソリン税暫定税率の引き下げや、石油元売り会社への補助金支給などの対策を講じている。

次に、トリガー条項は、ガソリン価格の高騰を抑える効果が限定的という理由だが、トリガー条項は、ガソリン価格の高騰を抑えるための手段の一つであり、他の対策と組み合わせることで、一定の効果は期待できる。

最後に、トリガー条項の発動は、財源確保が課題という理由だが、財源は、増税や歳出削減などによって確保することが可能である。

国民民主党の真の狙い

国民民主党の真の狙いは、トリガー条項協議から離脱することで、政権批判を強めることにあるとみられる。

国民民主党は、立憲民主党との合流協議が頓挫したことで、存在感を失いつつある。トリガー条項協議から離脱することで、国民の関心を集め、政権批判を強める狙いがあるとみられる。

しかし、国民民主党の今回の行動は、国民の苦しみを無視した、自己中心的な行動と言わざるを得ない。

国民民主党は、国民の声に耳を傾け、国民のために働くべきである。

国民民主党への提言

トリガー条項協議に再参加すること

ガソリン価格の高騰を抑えるための具体的な対策を提案すること

国民の声に耳を傾け、国民のために働くこと

国民民主党は、国民の期待に応えられるよう、真剣に取り組んでほしい。

終わりに

ガソリン価格の高騰は、国民生活に大きな負担となっている。

国民民主党は、国民の声に耳を傾け、国民のために働くべきである。





スポンサーサイト