斎藤経産相、昨年超える賃上げ要請=十倉経団連会長と意見交換

炎上2

2024年2月5日、斎藤健一郎経済産業大臣は十倉雅和経団連会長と意見交換を行い、昨年を超える賃上げを要請しました。
しかし、十倉会長は企業業績の悪化などを理由に、慎重な姿勢を示しました。
この意見交換は、物価上昇に対応するため、政府と経済界が協力して賃上げを促進する狙いがあります。
しかし、企業側の慎重姿勢から、目標達成は容易ではない見込みです。


斎藤健経済産業相は5日、経団連の十倉雅和会長らと東京都内で会談した。



斎藤経産相、昨年超える賃上げ要請=十倉経団連会長と意見交換


斎藤経産相、昨年超える賃上げ要請=十倉経団連会長と意見交換 - 関西弁でぶった斬り!

ほな、斎藤経産相はんが、十倉経団連会長はんと意見交換して、昨年超える賃上げ要請したってニュース、あんたら見ました?

ほんま、ええかげんにしてくれ!

毎年毎年、同じことしか言うてへんやんか。昨年超える賃上げ要請しても、結局企業はほんまのちょびっとしか上げへん。

「景気回復のためには、賃上げが不可欠」とかほざいてるけど、ほんまに景気回復したいんやったら、もっと具体的な政策出せや!

例えば、中小企業への支援とか、最低賃金の引き上げとか、もっともっと大胆な施策が必要や。

「民間主導」とかほざいて、政府は何もしないでほったらかしにしてるから、こんな状況なんや。

ほんま、アホちゃうか?

それに、今年の経済成長率見通しは1.1%とか、ほんまにショボい数字や。こんなんで、よう景気回復って言えるわ。

もっともっと、国民の生活が豊かになるような政策出せや!

せやけど、結局のところ、経団連なんて、自分たちの利益しか考えてへん団体やから、期待しても無駄なんやわ。

ほんまに、日本の経済を立て直したいんやったら、政治ももっともっと真剣に取り組まなアカン。

国民の声をもっともっと聞いて、国民のための政策を実行せなアカン!

ほな、具体的にどんな政策が必要なんや?

まず、最低賃金の引き上げや。

最低賃金が上がることで、低所得層の生活が安定し、消費が拡大する。そうなることで、企業も恩恵を受けるんや。

次に、中小企業への支援や。

中小企業は、日本の経済を支える重要な存在や。中小企業がもっともっと元気になれば、日本の経済全体も元気になる。





スポンサーサイト