派閥資金巡る自民議員への事情聴取は週内終了、第三者が取りまとめへ…衆院予算委で首相表明

派閥

疑惑の真相は闇の中?
自民党派閥の政治資金規正法違反事件を巡る、所属議員への事情聴取が今週中に終了する見込みであることが、5日の衆議院予算委員会で明らかになりました。岸田首相は調査結果の取りまとめを第三者に委託する考えを示しましたが、真相究明への道は険しそうです。
第三者委託は「逃げ」なのか?
自民党は、調査の透明性を確保するためとして第三者による取りまとめを決定しました。しかし、第三者委託は責任の所在を曖昧にする「逃げ」との批判も出ています。
疑惑の核心は「政治資金パーティー」
問題となっているのは、政治資金パーティーの収入を過少申告していた疑いです。安倍派、二階派、茂木派など複数の派閥が関与しているとみられており、政治資金の透明性が問われています。
真相究明への期待と懸念
国民の多くは、疑惑の真相究明と政治資金問題の抜本的な解決を期待しています。しかし、第三者委託によって真相が闇に葬られるのではないかという懸念も拭えません。
今後は第三者委員会の選定と調査内容が焦点
今後、第三者委員会の選定や調査内容が焦点となります。国民の信頼を得られる調査が行われるのか、注目が集まります。


衆院予算委員会は5日、岸田首相(自民党総裁)と全閣僚が出席する基本的質疑を行い、2024年度予算案の実質審議をスタートさせた。







https://news.livedoor.com/article/detail/25827290/


自民党の派閥資金問題、結局また第三者委員会か?ええ加減にせえや!

よう、そこの自民党の偉いさんたち、ようやっと重い腰を上げたな。派閥資金問題で自民党議員への事情聴取、週内に終わらすらしいな。ほんで、また第三者委員会に調査させると?もうええ加減にせえや!

ほんま、この問題、何年引っ張ってんねん?もう国民も呆れとるわ。政治資金規正法違反の疑いがあるのに、自浄作用もクソもない。結局、第三者委員会頼みって、どんだけ腐ってんねん、自民党は。

しかも、第三者委員会って、誰が選ばれるかわからへんし、ほんまに調査して結果を出せるんかも怪しいもんや。過去にも、第三者委員会でうやむやにされた問題は山ほどあるんやで。

それに、第三者委員会って結局、時間と金をかけるだけの茶番劇ちゃうか?ほんまに問題を解決したいんやったら、もっと透明性のある調査が必要や。

例えば、なんでこんなにも派閥資金が必要なんのか、徹底的に調べなあかん。政治資金の流れをもっと透明化せなあかん。それに、政治家への献金制度そのものも見直すべきや。

ほんま、自民党の金の使い方にはあきれるわ。国民の税金から得た金は、国民のために使うべきや。派閥の飲み食い代や、選挙活動の費用に使われてたまるか!

国民は、政治家たちが金にまみれた腐敗した政治にうんざりしとるんや。もうええ加減に、国民の声を聞けや!

せやけど、正直、期待はしとらん。自民党がまともな改革をやるなんて、想像もできへん。結局、また国民の期待を裏切るんやろうな。

でも、それでも、声を上げ続けるしかないんや。このまま黙ってたら、自民党のやりたい放題になるだけや。

国民一人ひとりが、この問題に怒りを持ち、声を上げ続けることが大切や。そうやって、少しでも政治を変えていくしかないんや。

具体的な問題点

政治資金規正法違反の疑いがあるのに、自浄作用が働かない

第三者委員会の調査は、時間がかかり、費用がかかる

第三者委員会の調査は、うやむやにされる可能性がある

派閥資金の必要性や政治資金の流れが透明化されていない

政治家への献金制度に問題がある

改善策

政治資金規正法を厳格化し、違反者には厳正な処分を行う

政治資金の流れを透明化する

政治家への献金制度を見直す

国民が政治家への監視を強める

まとめ

自民党の派閥資金問題は、日本の政治の根幹に関わる重大な問題である。国民は、この問題に怒りを持ち、声を上げ続けることが大切である。そうやって、少しでも政治を変えていくしかない。





スポンサーサイト