能登半島地震の交付金 高齢者のほか借り入れ困難世帯も対象に

そうなんだ

借り入れ困難世帯も最大300万円の支援対象に
2024年2月5日、岸田文雄首相は能登半島地震の被災者支援策として、従来の高齢者世帯に加え、借り入れ困難な世帯も最大300万円の交付金制度の対象とする方針を表明しました。
苦境に立たされた世帯への救済
この制度は、地震被害を受けた住宅の修繕費用などを支援するもので、高齢者世帯だけでなく、資金繰りに悩む幅広い層への支援が期待されます。
制度の詳細と今後の課題
対象となる具体的な世帯の定義や申請方法など、制度の詳細については今後詰めていく必要があります。


岸田文雄首相は5日の衆院予算委員会で、能登半島地震の被災者支援を巡って、高齢者世帯などに最大300万円を支給する新たな制度について、高齢者などがいなくても資金の借り入れが困難な世帯は支給対象とする意向を示した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25827657/


能登半島地震の交付金、高齢者だけちゃうねん!借り入れ困難世帯も対象やて

ほな、能登半島地震で家とか潰れたり、めっちゃ被害受けたんは高齢者だけやないねん。若い世帯でも、ローン組んでマイホーム建てたばっかりとか、そもそも貯蓄が全然ないとか、色々事情があって借り入れが難しい世帯もいっぱいおるわけや。

そやから、今回政府がようやく重い腰を上げて、高齢者世帯以外にも、借り入れ困難世帯も交付金の対象にするって言い出したのは、まぁええことやと思うわ。

ほな、具体的にどんな世帯が対象になるんか?

住宅ローン返済が困難な世帯

被災前の貯蓄がほとんどない世帯

地震の影響で収入が減った世帯

ほんで、交付金の額は最大300万円。半壊以上の被害を受けた世帯が対象や。

まぁ、300万円あれば、家の一部を修理したり、家具家電を買い替えたりするぐらいはできるわな。でも、全壊した家とか、完全に建て替えなあかんような被害を受けた家には、到底足りへん。

それに、そもそも申請手続きがめっちゃ面倒くさそうや。書類もいっぱい用意せなあかんし、審査も厳しそう。ほんまに困ってる人たちに、スムーズに支援が届くかどうか、ちょっと不安やな。

ほんで、一番気になるのは、なんで今さらなん?って話や。

地震が起きたのはもう2年も前や。被災者たちは、ずっと不安を抱えながら仮設住宅で生活しとるんや。

もっと早く支援の手を差し伸べなあかんかったんちゃうの?

政府は、財源の問題とか、制度設計の難しさとか、色々言い訳しとるけど、結局のところ、被災者への配慮が足りてなかったんやと思うわ。

ほんま、もっとスピード感を持って、被災者目線で支援策を実行してほしいわ。

せやから、今回の交付金制度は、あくまでも一歩目って捉えて、もっと拡充していく必要があると思うわ。





スポンサーサイト