京都市長選、正午の投票率9・41%…新人5人の争い

京都市長選

2024年2月4日執行の京都市長選挙は、現職の引退に伴い16年ぶりの新人対決となりました。告示から2週間の選挙戦では、5人の候補者がそれぞれ個性的な政策を掲げ、熱戦を繰り広げてきました。

京都市長選は4日午前7時から投票が行われている。







https://news.livedoor.com/article/detail/25819513/


ほな、京都市長選挙やけど、正午の投票率9・41%って、どないなってんねん?前回2018年の27・87%と比べても、どんだけアカンねん。ほんま、市民の政治への関心、地に落ちてるわ。

5人の新人候補者で争うてるとか、まるで戦国時代か。誰が勝っても負けても、大して変わらんような気がしてくるわ。

現職の門川大作市長は、不出馬や。2期8年の間に、何をしてきたんや?ほんま、何も印象に残ってへんわ。

候補者の中で、一番知名度があるのは、元自民党参議院議員の福山哲郎やろうけど、政治家としての経歴が長すぎるわ。もうええねん、新しい人にお願いしたいわ。

ほかの候補者も、元市議会議員とか、弁護士とか、学者とか、バラバラや。誰が市長に適任なんかわからへんわ。

政策も、どれも似たり寄ったりや。子育て支援とか、高齢者福祉とか、環境問題とか、どれも当たり前のことしか言ってへんわ。

もっと具体的な政策を打ち出さんかい!もっと市民の声を聞いて、もっと議論を深めて、もっと具体的な政策を提案せなあかんわ。

ほんま、今回の京都市長選挙は、期待薄やわ。誰が市長になっても、京都市は良くならんような気がするわ。

せやけど、せめて投票率だけは上げなあかんわ。投票率が低かったら、選挙の結果は正当性がないわ。

みんな、もっと政治に関心を持って、投票に行かんかい!

具体的な批判

候補者全員が政治家経験者であり、新鮮味がない。

政策が似たり寄ったりで、有権者にとって選択の幅が狭い。

現職の門川市長の実績が不明確。

投票率が低く、選挙結果の正当性が疑われる。

提言

候補者は、より具体的な政策を打ち出すべき。

有権者は、もっと政治に関心を持つべき。

選挙管理委員会は、投票率向上のための対策を講じるべき。

その他

京都市長選挙は、2月5日(日)に投開票される。

投票時間は、午前7時から午後8時まで。

期日前投票も可能。





スポンサーサイト