政治資金制度改革、抜本的見直しへ!令和臨調が緊急提言

虚偽記載

虚偽記載の罰則強化、政治資金規正法改正の必要性を訴え
令和国民会議(令和臨調)は、2024年2月2日、政治資金制度改革に関する緊急提言を発表しました。提言では、政治資金の透明性確保を目的として、政治資金規正法の改正を提言しています。
主な提言内容は下記の通りです。
近年、政治資金問題を巡る不祥事が相次いで発覚しており、政治資金制度の透明性に対する国民の不信感が高まっています。今回の提言は、こうした国民の不安に応えるべく、政治資金制度の抜本的な見直しを促すものです。


自民党派閥の政治資金パーティーを巡る裏金事件を受け、財界人や学識者らでつくる「令和国民会議」(令和臨調)は2日、収支報告書の虚偽記載の罰則強化などを盛り込んだ政治資金制度の改革に関する緊急提言を発表した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25812326/


1. 企業・団体献金

企業・団体献金は、政治資金全体の約4割を占めてて、自民党にとってはなくてはならん存在や。それを廃止したら、資金源が大きく減って、選挙活動もままならなくなる。

それに、企業・団体献金は、政治と経済の密接な関係を象徴する存在でもある。それを廃止したら、政治と経済の距離が広がって、経済界の声が政治に反映されにくくなる可能性もある。

2. 個人献金

日本では、政治への関心が低い人が多くて、政治資金に寄付するなんていう人はほんの一握りや。それに、個人献金には上限額があるから、大金持ちから多額の献金を受け取ることはできない。

3. 政党助成金

政党助成金は、国民の税金から拠出されるものや。だから、増額するとなると、国民の負担が増えることになる。

それに、政党助成金が増額されたら、政党はます





スポンサーサイト