麻生副総裁、上川外相容姿発言を撤回!失言連発で更迭論再燃?

どこまで腐ってんだてめぇらは

自民党の麻生太郎副総裁は1月28日、福岡県芦屋町での講演で、上川陽子外務大臣について「そんなに美しい方とは言わない」と発言しました。この発言は、女性差別や容姿批判として批判を浴び、麻生副総裁は29日、発言を撤回しました。
失言はこれで初めてではない麻生副総裁。過去にも、女性や外国人、障害者などへの差別的な発言が問題視されてきました。今回の発言は、更迭論再燃のきっかけとなるのでしょうか?


自民党の麻生副総裁が、上川外相について「そんなに美しい方と思わない」などとした発言を撤回しました。麻生副総裁は、「上川大臣の功績を紹介する趣旨であったとはいえ、容姿に言及したことなど表現に不適切な点があったことは否めず、各位からのご指摘を真摯に受け止め、発言を撤回させていただきたいと思っております」とのコメントを発表しました。



自民・麻生副総裁が発言撤回 上川外相について「そんなに美しい方と思わない」


上川外相の発言は、外交の常識を逸脱している。

国際会議の場で、相手国の要人を前に、容姿に関する軽はずみな発言をするなんて、あり得へん。これは、外交の常識を完全に無視した行為であり、日本全体のイメージを損ねる重大な問題である。

上川外相の釈明は責任を回避している。

上川外相は、「天然キャラ」とか「冗談のつもりやった」と釈明しているが、これは責任を全く取ってへんのと同然である。反省してるようにも見えへんし、ホンマ腹立たしいわ。

麻生副総裁も上川外相を擁護しており、問題の本質を理解していない。

麻生副総裁も、上川外相を擁護するような発言をしてて、どっちもどっちやな。自民党は、こういう無責任な政治家ばっかりなんかいな?

今回の失言は、自民党への支持を低下させるだろう。

今回の失言は、日本全体のイメージを損ねるだけでなく、自民党への支持も低下させるだろう。国民は、こんな無責任な政治家たちを許さんわ。

自民党は、もっと真剣に外交に取り組むべきである。

自民党は、今回の失言を教訓にして、もっと真剣に外交に取り組むべきである。日本の国益を守って、世界から信頼される政治家になってほしいわ。

まとめ

麻生副総裁、上川外相の失言は、日本にとって非常に残念な出来事である。自民党は、今回の失言を教訓にして、国民の信頼を取り戻せるよう努力すべきである。





スポンサーサイト