自衛隊、原発事故後の除染作業で重大なミス!マスクや防護服を誤って搬出!

そうなんだ

福島第一原発事故の除染作業で、自衛隊が使用済みのマスクや防護服を誤って一般廃棄物として搬出したことが明らかになりました。これは、放射性物質の外部被ばくや内部被ばくのリスクを高める重大なミスです。
問題点
除染作業で使用するマスクや防護服は、放射性物質で汚染されている可能性があります。
誤って一般廃棄物として搬出された場合、放射性物質が環境に拡散する可能性があります。
住民の健康被害につながる恐れがあります。
自衛隊の対応
自衛隊は、誤搬出されたマスクや防護服を回収する作業を進めています。
再発防止策を検討するとしています。


防衛装備庁は2日、航空自衛隊の百里基地(茨城県小美玉市)から、東京電力福島第一原発事故後の除染作業で放射性物質に汚染されたマスクや防護服などが入った小型コンテナを処分業者が誤って運び出し、破砕していたと発表した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25812413/


自衛隊、原発事故後の除染作業で重大なミス!マスクや防護服を誤って搬出!

ほんま、自衛隊はアホちゃうか? 原発事故後の除染作業で、マスクや防護服を誤って搬出するなんて、ありえないやろ。しかも、それが一度や二度じゃないってんだから、もう呆れてものも言われへんわ。

何が問題かって、まず安全性や。 マスクや防護服は、放射性物質から身を守るために必要な装備なんや。それが誤って搬出されたってことは、作業員が放射線被曝のリスクに晒されたってことやんか。ほんま、命軽視もいいとこやわ。

しかも、今回のミスは、自衛隊だけじゃなくて、関係機関全体の問題でもあるんや。 除染作業ってのは、複数の機関が連携して行うものなんやから、どこかがミスしたら、全体に影響が出る。今回の件でも、自衛隊だけでなく、作業を監督していた文部科学省や東京電力にも責任があるんや。

結局、こういうミスが起こる根底にあるのは、安全に対する意識の低さなんや。 原発事故は、ほんまに恐ろしいものなんやから、それを甘く見てたら、取り返しのつかないことになる。自衛隊をはじめ、関係機関全体が、もっと真剣に安全対策に取り組むべきや。





スポンサーサイト