トリガー条項凍結解除で自公と国民が対立!被災地への影響が焦点に

なんでや

ガソリン税負担軽減を巡り、自民・公明両党と国民民主党の溝が深まっている。問題となっているのは、ガソリン価格の高騰を抑える「トリガー条項」の凍結解除だ。国民民主党は解除を求めているが、自民・公明両党は被災地への影響などを理由に解除に慎重な姿勢を示している。
トリガー条項とは、ガソリン価格が一定水準を超えると揮発油税と軽油引取税を減税する仕組み。しかし、東日本大震災の復興財源確保のため2011年から凍結されている。
国民民主党は、物価高対策としてトリガー条項の凍結解除を強く求めている。玉木雄一郎代表は「国民生活を守るために、今こそ凍結解除を実行すべきだ」と主張している。
一方、自民・公明両党は、被災地への影響などを理由に解除に慎重な姿勢を崩していない。茂木敏充外務大臣は「被災地の復興には財源が必要だ」と述べ、解除には財源確保の道筋が必要との考えを示している。
被災地では、ガソリン税減税による財源減少が復興に悪影響を与えるとの懸念がある。岩手県の達増拓也知事は「復興に必要な財源が減ってしまう。解除は慎重に判断すべきだ」と語っている。
トリガー条項の凍結解除は、国民生活と被災地復興の両面から慎重に検討する必要がある。自公と国民の対立が今後どのように展開していくのか、注目される。


ガソリン税を一時的に下げる「トリガー条項」の凍結解除を巡り、自民、公明両党と国民民主党との距離が拡大している。



「トリガー条項」凍結解除、自公と国民の距離拡大…自公は被災地への影響から「解除困難」の認識


自公と国民の対立、被災地の不安

ほな、トリガー条項凍結解除で自公と国民が対立しとるらしいな。ほんで、被災地への影響が焦点になっとるってか。ほんま、ええかげんにしてほしいわ!

まず、自公の言い分やけど、ガソリン価格の高騰で国民生活が苦しいから、トリガー条項凍結解除して負担を軽減せなあかんって主張しとるわな。

確かに、ガソリン代はめっちゃ高いし、家計も苦しいわ。せやけど、トリガー条項凍結解除したら、東日本大震災の復興財源が減るって問題もあるやろ。

ほんま、復興はまだまだ道半ばや。仮設住宅から避難生活を送っとる人もまだおるし、インフラの整備も必要や。復興支援は、被災者にとって命綱のようなもんやねん。

それを、自公は簡単に「財源不足は将来の税収で補えばええ」とか言うてるけど、そんなんほんまに大丈夫なんやろか?将来のことは誰にも分からんし、財源確保が滞ったら、復興がさらに遅れる可能性だってあるわ。

国民民主党は、トリガー条項凍結解除には賛成しとるけど、被災地への影響は最大限考慮せなあかんって立場や。





スポンサーサイト